スペリオール新人賞大賞受賞作 #読切応援

一番下のコメントへ

親から虐待を受けている子供を描いた漫画は多くて、正直なところ目をそらしたくなる題材ではあるけど、それぞれの作家がそれをどう描くかというのはやっぱり気になる。

画力の点では拙い部分があるけど(主に背景)、主人公の岬が苦しみを共有することで親しくなる釘宮さんにはとても魅力を感じました。卒業式に出ずに東京へ行った釘宮さんのその後にはびっくりしたけど、彼女が(たぶんたぶん)自分で選んだ道だし、ある意味いままで自分を見下していた親や同級生同級生、教師を見返すことに成功している。
その強さがあるかどうかで2人の道は別れた気がするけど、岬には味方が居たけど釘宮さんには居なかったという見方もできる。

最後の岬の涙の意味を考えたけど色々ありすぎるなと思いました。

あとこれも。 https://twitter.com/sogenakogena/status/1258798195120865285?s=21

あとこれも。 https://twitter.com/sogenakogena/status/1258798195120865285?s=21

@名無し

映画の話から急にイノウエさん出てきて、それからイノウエさんのことしか考えられなくなった…!すごい漫画だ。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み