人生を変えた漫画

一番下のコメントへ

好きな漫画はたくさんありますが
僕にとってこの漫画に出会えてよかったと1番思う作品はこの"足洗邸の住人たち。足洗邸の住人たち。"です。
この漫画に出会って更に漫画が好きになり、そこから漫画を読む数が爆発的に増えてたことで漫画読み人生が始まりました。

平成一の妖怪作家みなぎ得一みなぎ得一先生の最長編作品です。
デフォルメが効いた絵柄、洒落の効いた台詞回し、繋がる世界観、個性的なキャラ、深い妖怪知識等々もう全てが好みど真ん中で大好きです。

この話は「災禍の召喚術師」が引き起こした「大召喚」で人間世界と魔界、異界が重なった世界が舞台となってます。
主人公の絵描き田村福太郎が引っ越したアパートは猫又が管理人の足洗い邸。
福太郎と住人が織りなす日常日常パートと邸を守るバトルパートがメインストーリーとなります。
福太郎に隠された秘密と徐々に判明していく世界の秘密。
妖怪物が好きな方はマストで読んでほしい漫画です。

また、みなぎ先生の特徴としてクロスクロスオーバー作家というのがあります。
デビュー作の『いろは草子』から『大復活祭大復活祭』『足洗邸の住人たち。』『サクラコードサクラコード
現在連載中の『ルート3』まで全て同じ世界で物語が進んでいきます(時代は変わります)
どれから読んでも面白いですが、最長編の足洗を基点に読むのもオススメです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー