女性セブンで新連載

同級生同級生・ヒロミが孤独死したとの報を受け集まったサヨ・サトエ・マリの三人。ヒロミとは特別仲が良かったわけでもなく、卒業以来会っていないので顔も思い出せない。

そんなヒロミは3人に遺言書を書いていた。そこにはなにが書いてあるのか、どうして書いたのか?

50代後半のおばさんたちが、突如訪れた同級生の死と向き合う新連載。

コメントする
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー