🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

宇宙怪獣・秘密組織のエージェント・バディアクションのうちどれかひとつでも好きなものがあったら読んでほしい一作です!ちなみに僕は全部好きです!

宇宙人の「入星」を取り締まる管理官の仕事っぷりを東京を舞台に描いたSFバディアクション。
高田馬場とか出てくるけどもう「タカダノババ」感がすごい。それくらいパンク。
洋画的な小気味いいテンポのセリフの応酬と、スピードに乗った超絶描き込みのアクションを組み合わせて
バキバキに盛り込まれた設定がサーッと披露されていくのが超気持ちいいんですよ…。

どう見てもワケありのツギハギJK「ライン」と、カタコトのストロングファイター「アン」のちょい百合っぽい主人公チームも見てて楽しいです。(あともうひとり文字通り「割って入る」オッサンが居る)
宇宙人周りの管理官ったら当然二人組ですよね!ってノリで他のエージェントコンビも1巻から山盛り出てきて活躍してくれます。このサービス精神はなに???

もう一切読者に遠慮せずに絵と文字と話の情報密度を詰め込んでやったぞ!!っていうタイプのマンガなので
この手のモノが好きな人は鬼のようにハマるはず。

最後に僕が初見で心奪われてしまったポイントを紹介します。

ラインの銃の構えがC.A.R.システムっていうとこです。
このこだわり!!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー