ネタバレただただ気持ちよく振り回されてしまう

一番下のコメントへ

やられたなぁってなるのは、やっぱり主人公の吉乃がいきなり腎臓を400万で売ってきて、札束入りの袋を深山の机に叩きつけるシーン。
序盤、吉乃はビジュアルからもヤクザの娘っていう設定からも明らかに強気で性格悪そうな女の子だろうなって思うんだけど、深山と比べると、発言や在り方が常識的。だから読者は吉乃の方に共感しながらも「案外普通の娘なのかな?」って思いながら読み進める。
だから深山のヤバさに気を取られているうちに、いきなり主人公が、「腎臓売ってきた」と紙袋を叩きつける。そりゃぁ深山も読者もシビれるわ。
深山のキャラが全然読めないのもいいし、いきなり啖呵を切る主人公はカッコいい。読者を気持ちよくノセたり、裏切ったりしながら物語を魅せてくれる。面白いなぁ…

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner