【壁ドン!】コンプレックスが強みになる世界へ!

小柄・弱虫・根暗な主人公は多いけど、ガリガリは珍しい気がする!自分にとってのコンプレックスである痩身が一転、大きな強みに変わる展開は納得だし感心した。

「壁を越えずにずっと逃げてきた」という比喩も、ボルダリングに合ってて好き。本棚からわかる広く浅い主人公の知識が、全部いずれ役に立つのか見守りたい!

面白かった。終わりに出てくる奇っ怪なボルダリングのコースはまさに未知、あれを攻略する回が今後来るかと思うとワクワクする。主人公の小説のファンということから、ヒロインも困難な道にいるってことが分かるようにしているのも上手いなぁと思った

そうそう、ボルダリングのプロって、指先が蛙みたいになっちゃうんだよね。 柔道の餃子耳みたいな。

そうそう、ボルダリングのプロって、指先が蛙みたいになっちゃうんだよね。 柔道の餃子耳みたいな。

@名無し

へぇ〜!勉強になるわ〜と思って画像検索したのが間違いだった
見てるだけで痛い…

初心者なのにイキってる主人公もすごいけど、それ以上に敵がゲスすぎる。
この極端なキャラ造詣は少年漫画でやったほうがウケるのでは?

素人目には簡単そうな大きな足場だったけど、両手両足でスタートって指示はキツイな…

ラスト40秒までスタートできないこともあるとか、他選手は登攀の様子が見れないとか、ボルダリングの面白さがガンガン伝わる回だった!

ちょっと言い負かされてあっさりデレた美人さん可愛い。
登姫ちゃんが無邪気にハイレベルなことしようとしてるのも可愛い。

コメントする
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー