分析系主人公による、新しいサッカー漫画

弱虫の主人公が徹底的に自分や他人を分析して、サッカーを上達していく漫画。
徹底的に分析して、上達する主人公といえば「ベイビーステップベイビーステップ」を思わせるが、サッカーは集団戦。スポーツの特色の差により、意識せずに別の物語として楽しめる。
「TIENPO-TIEMPO―ティエンポ―ティエンポ-」というタイトルからも、仲間との連携に必要なTIENPO=タイミングが重要と分かる。その連携を取る仲間は一癖二癖ある。特に絶対的なサッカーセンスを持つ自己中の朝美はキャラはすでによく立っていて、面白い。弱虫な主人公だからこそ他人との関わり方、サッカーの連携に色が出る。今後が楽しみな新しいサッカー漫画。

サブキャラをしっかり掘り下げていくスポーツ漫画は面白い。今回の凛太郎の何気ない日常日常の一コマから、どうしてもサッカーに思考が繋がってしまうという、執着と劣等感が見れて良かった。チャラいようだけど、サッカーには本気っていうのがいい

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー