貼られた画像

勧めづらいがディストピア漫画の傑作で間違いない

ビュー
1038
わかる
38
コメント
24
芥川塵太郎

絵は癖があるし、エロシーン多いし、ギャグも独特だし、下ネタ多いしで人に勧めづらいがやっぱり面白い
ていうか、あのくらいギャグとか差し込まないと鬱になって途中で読めなくなっていた気がする

芥川塵太郎

志乃の登場シーンがギャグの中では一番面白かった

面白いよなぁ、アルカディア編の終わり方は胸糞すごかったけど
よくよく考えると、そんなんばっかり続いてるよな、この漫画

志乃の登場シーンがギャグの中では一番面白かった

@芥川塵太郎

みねうちでござるも好きだった

八木少将編が圧倒的に悲しかった
性欲を必死に抑えているところとかなんか泣けたもん

マンドリン松本

八木は面白かった
八木編が一番好きだな、決闘シーンもよかったし

芥川塵太郎

八木が我慢しているところ見てて辛かった

芥川塵太郎

このシーンはしょうもない下ネタギャグを挟んでくれないと耐えられなかった

読んでて、志乃は本当に地獄だなって思ってました・・・
志乃以外にもあざみとかも・・・

あと、VRとか最近盛り上がっていますが、バーチャマシンは2030年までくらいなら作れちゃいそうですよね

八木が我慢しているところ見てて辛かった

@芥川塵太郎

八木は遺伝子に翻弄されすぎて、かわいそうだなって思ったり自業自得だろって思ったりさせられて忙しいキャラだった
最後はやっぱりかわいそうなやつだなで落ち着いたけど

芥川塵太郎

面白いよなぁ、アルカディア編の終わり方は胸糞すごかったけど よくよく考えると、そんなんばっかり続いてるよな、この漫画

@G

アルカディア編が胸糞な終わり方だったのは完全に同意だな

芥川塵太郎

あと、VRとか最近盛り上がっていますが、バーチャマシンは2030年までくらいなら作れちゃいそうですよね

@みつこ

VRくらいだったらあと数年でなんとかなっちゃいそうですね
あそこまでの没入感を手に入れられるかはわからないですが

無明と光明はどうなったんやろうなぁ、結局
光明は相変わらず生かす価値があるんだろうけども、無明はまた殺されそうになってるんかなぁ

白鳥の脱出回は泣けた。この話はよかった。

面白いよなぁ、狂四郎
絵が独特でなかなか勧めても読まれないんだけど
あと、女性には勧めらんない笑

白鳥編は読んだあと、当分カレー食べたくなくなる
おかわりすすめてくるやつは警戒する

マンガトリツカレ男

この辺が徳弘正也っぽくて好き

私は具になりたい

「近未来SF冒険SEXYバイオレンスラブロマンスせんずりコメディちんこ漫画」というキャッチコピーの印象が強すぎる。
これを会社でとなりの席のきれいなお姉さんに音読して教えてもらった自分は勝ち組だと思う。

私は具になりたい

白鳥編は読んだあと、当分カレー食べたくなくなる おかわりすすめてくるやつは警戒する

@犬

おかわりもいいぞ!

たしかに人に勧めづらいね笑

良い笑顔からのバッドエンドが多すぎて、ビクビクしながら読んでたな…

バベンスキー2世

アルカディア編の最後は衝撃でしたね。
でも人間の本質や行動をよく表現してますよね。
自分も島民だったら、あの判断をしてたかも
しれません。人間の醜い姿をよく勇気を持って
ここまで描き上げたと称賛の限りです。傑作です。

アルカディア編の最後は本当にすごかったですね。なんてひどい奴らなんだって島民のことを憎みきれないというかどこかで身につまされるっていうのがすごい。

コメントする
投稿者名
閉じる
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名