一番下のコメントへ
user_private
芥川塵太郎

絵は癖があるし、エロシーン多いし、ギャグも独特だし、下ネタ多いしで人に勧めづらいがやっぱり面白い
ていうか、あのくらいギャグとか差し込まないと鬱になって途中で読めなくなっていた気がする

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>

終わり方には賛否両論あるらしいけど、俺はあれでよかったと思う。
日本改革みたいなところまで話を広げると今までの話は何だったの?ってなるし、冗長になってしまったと思う。

user_private
芥川塵太郎

久しぶりに読み返してみたけど一気読みをしているとアルカディア編あたりできつくなる。やや理想主義っぽいところはあるにはあるけど、清濁合わさった嘘のない人間像がすごく好きだな。そういう意味で辛いけどアルカディア編は実は好きなのかもしれない。

白鳥の『どこのアホが乗ってんだろうな』ってセリフ、戦闘機に乗ってるのが狂四郎だとわかってる感じで好きだな。
白鳥ホントいいやつだから、最終話で無事に旅を続けている姿を見れてホッとしたよ。

八角博士が戦争中に地下篭ってやってた研究ってなんだったのか明かされてたっけ?
息子ほったらかしにして、さらには犬の脳を移植してまで続けた研究…

八角博士が戦争中に地下篭ってやってた研究ってなんだったのか明かされてたっけ? 息子ほったらかしにして、さらには犬の脳を移植してまで続けた研究…

八角博士が戦争中に地下篭ってやってた研究ってなんだったのか明かされてたっけ? 息子ほったらかしにして、さらには犬の脳を移植してまで続けた研究…

@名無し

タイムマシンですね。
終盤にバベンスキがそれを使って狂四郎に志乃と別の時代に逃げろ…と言っていました。(狂四郎は適当にあしらっていましたが)
タイムマシンで別の時代に旅立つ終わり方もあったのかもしれません。

タイムマシンですね。 終盤にバベンスキがそれを使って狂四郎に志乃と別の時代に逃げろ…と言っていました。(狂四郎は適当にあしらっていましたが) タイムマシンで別の時代に旅立つ終わり方もあったのかもしれません。

タイムマシンですね。 終盤にバベンスキがそれを使って狂四郎に志乃と別の時代に逃げろ…と言っていました。(狂四郎は適当にあしらっていましたが) タイムマシンで別の時代に旅立つ終わり方もあったのかもしれません。

@名無し

ああ!!!なるほど!有難うございます!ずっとなんかもやもやしてたんです!ほんとありがとうございます!

しょーもないネタ要素があるから読みきれた漫画。 多分なかったら辛すぎて最後まで読めなかったと思う

しょーもないネタ要素があるから読みきれた漫画。 多分なかったら辛すぎて最後まで読めなかったと思う

@名無し

賛同します。

他のSFにも通じる世界観なんだよな。右と左のコマの落差は異常だけど。
camera

他のSFにも通じる世界観なんだよな。右と左のコマの落差は異常だけど。

他のSFにも通...
@名無し

俺も手術してくるか

面白いよなぁ、狂四郎 絵が独特でなかなか勧めても読まれないんだけど あと、女性には勧めらんない笑

面白いよなぁ、狂四郎 絵が独特でなかなか勧めても読まれないんだけど あと、女性には勧めらんない笑

@犬

女性だけど、一番好きな漫画だよ

下ネタやギャグなどの表面的な表現にばかり注目されがちだけどこの作品の本当のテーマって近い未来の現実世界を危惧して描かれていると思えてならない。男女分断、vr、インターネット、ソフォーズはAIや移民かな。化石燃料もなくなって太陽光発電が主になって。現実が狂四郎の世界に近づいていると思いませんか?

面白いよなぁ、狂四郎 絵が独特でなかなか勧めても読まれないんだけど あと、女性には勧めらんない笑

面白いよなぁ、狂四郎 絵が独特でなかなか勧めても読まれないんだけど あと、女性には勧めらんない笑

@犬

女。ヤンジャンで読んだけど、はまりまくった。同じ作者のもっこり半兵衛と黄門もはまった。

「近未来SF冒険SEXYバイオレンスラブロマンスせんずりコメディちんこ漫画」というキャッチコピーの印象が強すぎる。 これを会社でとなりの席のきれいなお姉さんに音読して教えてもらった自分は勝ち組だと思う。

「近未来SF冒険SEXYバイオレンスラブロマンスせんずりコメディちんこ漫画」というキャッチコピーの印象が強すぎる。 これを会社でとなりの席のきれいなお姉さんに音読して教えてもらった自分は勝ち組だと思う。

@私は具になりたい

後半の妄想と現実区別出来てなくてで草

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

徳弘正也の妖怪譚
user_private
名無し
3ヶ月前
世は少年漫画の格好いいを極めた呪術廻戦の時代に90年代に描かれたハーフ河童が人間社会で母を探す物語を読むのは趣深い。1巻の1ページ目から全力で徳弘正也で好き。 ヒロインの舞ちゃんが黒髪ロングで大人っぽい、さっぱりした女の子で超タイプ。 そしてキャイーンの物真似が出てきたとこにすごい時代感じた。 幕間のおまけ漫画で「アシスタント時代の尾田栄一郎が鳥山先生と握手しながら写真撮った」というエピソードが載ってて面白かった。レジェンドと首脳会談みたいな構図で写真撮る新人大物すぎる…。
世は少年漫画の...
ギャグの感じが絶妙
マンガトリツカレ男
マンガトリツカレ男
7ヶ月前
主人公の竹田虎ノ助が性格で悩み、同僚のマッドサイエンティストに頼み虎の遺伝子を組み込もうとするが間違って虎フグの遺伝子が組み込まれる。 竹田虎ノ助と女性がらみの良い話が多いがマッドサイエンティストの木村昌也と所長の森河真一郎のボケとツッコミが最高だった。狂四郎2030のようなマンガを描ける作者が「真剣にギャグを描く」を言ってるだけあってすごいサイエンスギャグ漫画だった。本当に途中で終わったのが残念だ...
ふぐマン
また読みたい
フォロー