【お知らせ】
現在、サイト内での画像表示に不具合が発生しています。復旧までしばらくお待ちください。

オムニバスのようでストーリーも通っている、冨樫義博の短編の傑作です。

2巻とかまったく関係ない話が始まったかとおもいきやちゃんとつながってるし、ネトゲに入り込んで冒険する話もあるし、けっこう楽しめました。

『レベルE』(レベルイー、LEVEL E)は、冨樫義博による漫画作品。

タイトルは作者が当時見ていた映画『LEVEL4』をもじってつけたが、エイリアン (Alien) の頭文字をEだと勘違いしていたため「レベルE」と命名された。担当にそれを指摘された作者は「『E.T.』のEだ」と苦しくも弁解したとコミックス『HUNTER×HUNTER』の余白部で吐露している。

タイトルの由来がけっこう間抜けだw

内容は好きだけどw

かなり文学から引っ張ってきてますね。あとはテレビ。

(最終更新 2010/6/3 コメントを元に、イイダチ王の由来を修正、サドゾマ虫の由来を追加、モハンの名前の誤字を修正、いくつかのリンク切れを修正) レベルEに出てくるキャラクターや地名の名前の由来です。 レベルE → 丁度借りていたビデオが 「レベル4」だったから。 "E"はエイリアンの頭文...

かなり文学から引っ張ってきてますね。あとはテレビ。http://blog.livedoor.jp/togasiyosihiro/archives/50062065.html

かなり文学から引っ張ってきてますね。あとはテレビ。http://blog.livedoor.jp/togasiyosihiro/archives/50062065.html

@つ

だいぶはっちゃけてるなあw

このくらいのはっちゃけた短編をもう一度読んでみたい。

だいぶはっちゃけてるなあw このくらいのはっちゃけた短編をもう一度読んでみたい。

だいぶはっちゃけてるなあw このくらいのはっちゃけた短編をもう一度読んでみたい。

@xiaome

比較的好きなように描けたって本人も言ってますね。どんどん好きなように描いて欲しい〜。

user_private
マンドリン松本

レベルEの上巻のあとがきに冨樫先生が「やりたいことをやろうと編集がストップをかける。これはまだやりたいようにやれたが…」みたいなことを書いてて、先生も苦労してんだろうけど、冨樫先生の編集すんのも大変そうだな笑って思いました笑

キャラの名前は小説家から結構取ってきてるね
最近話題の筒井康隆→筒井雪隆
江戸川美歩&蘭蔵→江戸川乱歩
坂口安吾→坂本菴悟
夢野久作→夢野九四郎(たぶん)

ここまでは自分で見つけたけど他はわからなかったのが多かったな

(最終更新 2010/6/3 コメントを元に、イイダチ王の由来を修正、サドゾマ虫の由来を追加、モハンの名前の誤字を修正、いくつかのリンク切れを修正) レベルEに出てくるキャラクターや地名の名前の由来です。 レベルE → 丁度借りていたビデオが 「レベル4」だったから。 "E"はエイリアンの頭文...

ギャグの感じが好きなんだよな。ハンターとかだとあんまりレベルE的なギャグは見られない。あのバカ王子みたいなキャラクターがいないと難しいのか、ストーリー漫画だと差し込みにくいのかな。冨樫のギャグはリズムがよくて好きなんだよな。

冨樫義博の傑作!にコメントする
『レベルE』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー