投稿
コメント
わかる

単行本になりましたね。
カメラマン編以外は全く読んでいなかったので嬉しかったし、通しで読むと一層面白かった。
ただここで終わってしまうと勿体無い。今のところキヨハルが仲間の壁を壊す手助けをしてあげているが、キヨハル自身の壁まで描いて欲しい。単純にアオアシアオアシが好調なので、もう一本連載は無理ってことなんでしょうが、いずれ続きを読みたい。できれば3年以内に…

立ち上がったばかりの媒体での再開ということで、新しい読者向けに当分は導入的な話になるんじゃないかなと思う。1話を読んだ感じでは、「ひらけ駒!ひらけ駒!」ってこんなマンガだよと上手に紹介している印象を受けた。
けど、それも一旦落ち着いたら8巻までの流れに戻って続きを描いてほしい。

二葉がまさか太一のことを好きになるなんて。いや、トーマのおかげもあって急接近だったが、太一のことはいい友達止まりかなぁと思っていた。それが最新話ではうまくいっているようなことが明らかになって、よかったなぁという思いと、ここから全てが狂い始めるんだろうなと予想があって、もう続きを見るのが怖いよ

トレセンがこんなに早く出てきたのは、静岡のライバルたちを無理なく登場させるためだろう。玄人おじさん的なトレセンメンバーも出てきて面白かった。