投稿
コメント
わかる

再読破、いや再々読破したいです。1時間三冊ならば、まあ2日もかければ良い計算です。過去に読んだのは1度目が小学生高学年か中学生のときでこれが30年近く前。おそらくアニメの「バビル2世バビル二世」からの流れで読んだったような気がします。2度目は大学生のときで20年前、これは光栄のシミュレーション・ゲームの影響ですね。年は取りたくないものでいまや、かなりの内容を忘れていて、歴史ブームでもあり、忘れていることがちょっと悔しかったりしているわけです。桃園の誓いだとか五虎大将軍だとか、赤壁の戦いなどメジャーメジャーなところは覚えているんですけどねえ。ですが董卓や司馬懿てどんな人物だったかなどはもうさっぱりおそらく今回は以前よりも早く忘れてしまいそうですが、そんなことはお構いなし、この偉大な作者に敬意を示しつつ、挑戦いたしようと思います。