投稿
コメント
わかる
ありがとうございます!早速紹介させていただきました。 https://twitter.com/auc_comic5884/status/1203296462559272960

ありがとうございます!早速紹介させていただきました。 https://twitter.com/auc_comic5884/status/1203296462559272960

@あうしぃ@カワイイマンガ

冷や水を浴びせるようで恐縮ですが、海街「蝉時雨のやむ頃」の単行本は2007年4月発行で、Tweedeesの「蝉時雨の止む頃に」が初収録されたアルバム『The Sound Sounds.』は2015年3月発売なので、順序としてこの曲が元ネタであることは考えにくいです。その他の曲についても(調べてはいないのでパッと見の印象ですが)時系列が合わなそうに感じるものもあり、精査が必要かと思います。またネタ元があったとしてもそれが音楽以外の例えば映像・文学作品であることや、他国語タイトルの日本語訳であるという線も十分考えられます。
さて、ここからが本題なのですが、Tweedees 「蝉時雨の止む頃に」はむしろ海街の方がネタ元では?と考えています。というのも、この曲の作詞者である清浦夏実さんは以前好きなマンガ家を問われて「吉田秋生吉田秋生」と答えているんです。(https://www.ageocci.or.jp/ageo-machi-fes/2017/artist.html#a13)
これだけで元ネタだと言い切るのは乱暴ですし、心の奥底にあった記憶が無意識に発露しただけかもしれません。ただ、自分は清浦さんの歌詞を読むと先のインタビューで挙げられていた人たちの影がうかがえ、文化のバトンはこうやって継がれていくのだなぁと勝手に思っています。
Tweedees、好きなバンドでしたのでついつい返信させて頂きました。お気を悪くさせてしまっておりましたら申し訳ございません…