2017年3月21日発売
ナマの京都
バックパッカーで人気の作家グレゴリ青山さんの初の京都本。意外にしられていませんが、京都生まれの京都育ちなのです。今人気の壬生寺で幼稚園の頃遊び、料亭でのバイト、女将のいけず、京都人の普段の食べ物…などなど、えーっそうなの~??? とびっくりしながら、笑いながら読む1冊です。
グ印観光
旅名人グレゴリ青山が案内する、世界でもっとももっともディープな旅。インドにベトナム、上海、マカオ、トラブル男マイタケさんの獄中日記、ゴーゴーバーでたかられて、アジアのヘンテコ日本語集など盛りだくさんの面白さ。この濃さがたまりません。
悶絶!!どんでん返し ACT.4
「こんなにポルノ映画で笑えていいのか」と愕然としたのが初見の印象であった傑作『悶絶!!どんでん返し』監督は名匠 神代辰巳 谷ナオミ出演の1977年日活映画。その強烈な映像作品をなんとか漫画にする無謀とも思えるミッションを『オーバーレブ』『らじかる好キャンティ』などのコミックでヒットとばした 山口かつみさんに依頼。映画の良さを保ちつつ現代の設定をいかし、笑えるエロスに満ちたコミック作品に仕上げてもらいました。その結果は作品でご確認いただければ幸甚です。本作は日活ロマンポルノ生誕45周年を記念し、映画を原作として使用させていただきました。全4話の第4話。
色情妻 肉の誘惑 ACT.4
謎+エロス 無類のおもしろさを誇る原作映画を見事に漫画に。大谷じろう氏の筆先からはなにか得体の知れないオーラがたちのぼっているのではないか… 必見の日活ロマンポルノ45周年記念漫画化作品です。〈著者コメント〉僕が描かせていただいた「色情妻 肉の誘惑」は40年前の作品です。「不条理×セックス×バイオレンス×サスペンス」な内容で、見どころ満載の映画です。コミカライズに際して、設定は現代にしましたが内容は映画に忠実に描いたつもりです。かなり楽しんで描いたので、その雰囲気が伝わればいいなと思います。…というわけで、マンガ版「色情妻 肉の誘惑」を楽しんでいただければ幸いです。(大谷じろう)(全4話の第4話)
白い指の戯れ ACT.2
漫画家 高田靖彦はおののいた。『白い指の戯れ』を漫画として描けという依頼だった。原作映画の高さを知り尽くしている映画通の高田は何度もネームをやり直した。結果、映画のカット割りでもあり、漫画でもあるシャープ作品ができあがることになる。それがこの漫画版の『白い指の戯れ』だ。高田いわく“最大限の努力をしたが、若き伊佐山ひろ子の瑞々しさは、やはり映画の中にしかない”しかしここにあるのは漫画のなかで生きている凜としたヒロインだ。(全2話の第2話)
ビリオネア・ボーイズ・クラブ 億万長者にとらわれて 1巻
ハリケーンに見舞われリゾート島に取り残されたブロンテとローガン。助けを待つ間に自然と惹かれあう二人だったがブロンテは救助の際に初めて彼が億万長者だと知って…!?
icon_book
試し読み
ビリオネア・ボーイズ・クラブ 億万長者と誘惑のバカンス 1巻
初恋の相手、ケイドの別荘に招かれ、彼と親しくなるチャンスを窺うカタブツ秘書のオードリー。しかし、プレイボーイの大富豪・リースとの刺激的な出会いが彼女を待っていて…!
icon_book
試し読み
ビリオネア・ボーイズ・クラブ 億万長者に恋のレッスン 1巻
翻訳家のグレッチェンのもとに高額報酬の依頼が舞い込む。条件は一か月の住み込み。人影も少なく、立ち入り禁止の多い豪華な屋敷に好奇心を刺激されるグレッチェンだったが、やっと出会えた依頼人のハンターは顔と心に大きな傷を負っていた。二人だけの時間を過ごし、想いは重なるのだけれど……
icon_book
試し読み
台湾が好きすぎて、家借りちゃいました。 完全版
冒頭16ページがフルカラー版になって完全版で登場! 【漫画家 高口里純がJay Chou(ジェイ・チョウ 周杰倫)にはまり、台湾にはまって、台湾に住んだ!?】 場所もあまり認識していなかったのに、Jayにはまったことがきっかけで熱狂的に台湾にのめり込んでいった高口里純の台湾づくしの気まぐれエッセイコミック! アパートを借りるのも、IDの取得も、銀行口座の開設も、情熱があればなんとかなる!? とにかく、台湾愛が満載の1冊! 日本語版は電子書籍のみの配信です。新たなあとがきも収録しています。
しぶちん京都
うまれも育ちも京都のグレゴリ青山。老舗でのいけず体験や、京都人もなかなかいかない隠れたスポット、アジアの旅を思い出す景色が見れる場所など、しぶい京都案内がたっぷり。 お金をかけずとも、いえお金をかけないからこそ、みられるしぶちんな京都をご覧あれ。グ手書きの、京都案内地図つき!
ねうちもん京都 お金をかけずに京めぐり
国内の観光地として絶大な人気を誇る京都。けれども実際に訪れると「どこに行っても観光客だらけ」「何を食べても高い!味しない!」「敷居も高い」ということがよくある。本書では、そんなガッカリを180度くつがえします! 京都生まれ京都育ちの漫画家・グレゴリ青山が「払った金額以上に満足できる」もののみに厳選して、真に値打ちある観光スポット、飲食店、お土産を紹介します。
ふたたびの旅
一度訪れたことのある国に再び訪れる事で生まれる新たな発見の連続! 普通のツアーでは味わえない現地に密着した旅をお楽しみ下さい。
グレゴリ青山のもっさい中学生
吉本入りが夢のコマっちゃん、今はツッパリだけど昔はおとなしかった若林千恵、存在感のうすい山岡さん、そしてグレちゃんの親友・ミヨちゃんにちよみちゃん…。京都木曜中学(通称・もっ中)2年2組のクラスメイトたちは、今日もくだらないことで悩んだり笑ったり泣いたりしています。
グ印関西めぐり(濃口)
京都で生まれ育ち、大阪で古本屋さんのバイトを経験し、和歌山の山奥で2年ほど生活していたこともあるグレゴリ青山による、超ディープな関西ガイド。大阪のウメチカ(梅田の地下街)、銭湯マニアとめぐる京都の旅、船舶画伯にガイドしてもらう神戸港、滋賀の草津にもある温泉などなど、グレゴリ青山独自の視点から見たおもしろ関西をご紹介します。
年収150万円一家 森川さんちの 沖縄・屋久島 お値打ち旅
日々節約しながら生活し、年に一度は海外旅行を楽しんでいた森川さん一家。実は工夫次第で国内旅行もリーズナブルに行けることがわかった…! 格安LCCチケットの見つけ方、キッチン付の宿で自炊を楽しむ方法、子連れでも楽しめるお出かけスポットなど、森川さんならではの工夫にあふれた沖縄・屋久島の旅をお届けします♪
旅で会いましょう。 大人の週末バックパック
安い旅行ならまかしとけ、のグレゴリ青山氏が、少し大人になった人々におくる旅の楽しみかた。仕事をしていて時間がなくても、いっしょにいく友人がいなくても十分たのしめる「3泊4日から味わえるバックパッカー気分の旅」のすすめです。「昔はひとりで旅にいったようなー」と懐かしく思いながら、できないと諦めているみなさんにぜひ!
田舎暮らしはじめました ~うちの家賃は5千円~
老後のことが心配で、節約のために和歌山の田舎へ引っ越したグレゴリさん。引っ越しの大変さ、近所付き合い、土いじりの楽しさ、肥のモンダイ、虫のモンダイ……そこでの生活は未知との遭遇と驚きにあふれていた。田舎暮らしの理想と現実、すべてを受け入れてエンジョイしているグレゴリさんの生活を描く。
2017年3月21日