:earth_asia:海外マンガの情報が何でも集まるトピ

アメコミ、バンド・デシネ、ウェブトゥーン何でも来い!:raising_hand_woman:
日本で活躍する外国人作家、SNSで気になるアーティスト、コミコン、この国ではこの漫画が人気、翻訳された日本の漫画、旅行先で見つけた漫画などなど、海外・外国語に関する話題なら何でもありです。

おすすめ作品を書いたり、メモ代わりに使ったり、質問したりしましょう!

ただし海賊版、テメーはダメだ
(引用などは正規のサイトからお願いします!)

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>

https://www.institutfrancais.jp/tokyo/agenda/ladifferenceinvisible02062019/
見えない違い 私はアスペルガー見えない違い 私はアスペルガー』の講演とサイン会があるそうな

日時:6月2日 (日) 16時-17時30分
場所:アンスティチュ・フランセ東京 メディアテーク
料金:入場無料/要予約 (定員 30名)
予約/お問合せ: 03-5206-2560 又は、tokyo.mediatheque@institutfrancais.jp
言語:フランス語、日本語(逐次通訳付)

STUDIO4℃STUDIO4℃が「日本発のアメコミ」の書籍化クラウドファンディングしてる

『シカリオ』と、「鉄コン筋クリート鉄コン筋クリート」や「海獣の子供海獣の子供」のアニメ制作会社『STUDIO4 ℃』が共同で制作した、ヒーロー・レーベル第一弾「戦隊」の書籍化を目指すプロジェクトです。

今年は海外マンガフェスタはおやすみらしい。残念…!

DEATH NOTE カラー版デスノの新作読切を読んで、アマゾンで「death note 13」で検索したら、なぜかドイツ漫画が引っかかったのでここにメモ。バチクソ絵が上手い…!ガンガンとかマガジンに載ってておかしくない。

「Kamo - Pakt mit der Geisterwelt」
(英題: Kamo: Pact with the Spirit World)
(和訳: カモ 霊界との契約)

1993年生まれのドイツ人女性漫画家・Ban Zarboによる作品。2014年に同人誌として発表され、2017年にTOKYOKYOPOPPOP(※)より出版された。

【あらすじ】
生まれてからずっと心臓病と戦い続けている少年・カモは、努力の甲斐も虚しく死の淵にあった。まさに息を引き取ろうというその時、カモの前に「クリムゾンクリムゾン」と呼ばれる強い霊が現れ、「12の霊魂を倒しを捕まえるのを手伝えば、新しい心臓をやる」という信じられない契約を持ちかける。

【試し読み】
https://www.tokyopop.de/manga/tokyopop-manga/shonen/kamo-pakt-mit-der-geisterwelt/

(※)TOKYOPOPとは
https://ja.wikipedia.org/wiki/TOKYOPOP

BL作品が英語で定額読み放題の世界向けサービス「futekiya」がオープン。

やおいの日(8月1日)を祝って祥伝社のonBLUE作品などが追加され、そのラインナップがこれまたすごくいい。

futekiya is a convenient and straightforward online manga subscription service for officially licensed Boys? Love manga.

世界の腐女子・腐男子に広がれ〜!!


漫画の海賊版サービス「MangaRock」が批判を集め、閉鎖に追い込まれた問題で、運営会社は2019年9月5日、出版社などとライセンス契約を結んだ上で

このツイートバズってたけど、ついに運営元が合法化するらしい。
日本の出版社や漫画好きの心象は最悪だけど…どこかで手打ちにして公式サービスを提供しないと、結局こういう違法サイトをのさばらせることになるよね。どうにかなんないのかな

椎名ゆかり椎名ゆかりさんの連載がはじまった。
80年代に日本の漫画家がアメリカ向けに描いたアンソロジー『MANGA』って本があるらしい。
全然知らなかった…読んでみたいな〜。

海外に日本マンガを届けた人々第1回 編集者・向出雅一 - メディア芸術カレントコンテンツ

今でこそ日本マンガは世界中で熱狂的なファンを獲得している。しかし、日本マンガの海外進出のきっかけが個人の情熱であったこと、その苦労の道のりをご存知だろうか。本コラムでは、海外コミックの翻訳や海外の日本マンガ事情に関する記事を執筆をする筆者が、日本マンガを海外に紹介した先人たちを取材し、知られざ...

椎名ゆかりさんの連載がはじまった。 80年代に日本の漫画家がアメリカ向けに描いたアンソロジー『MANGA』って本があるらしい。 全然知らなかった…読んでみたいな〜。 海外に日本マンガを届けた人々第1回 編集者・向出雅一 - メディア芸術カレントコンテンツ https://mediag.bunka.go.jp/article/article-15381/

椎名ゆかりさんの連載がはじまった。 80年代に日本の漫画家がアメリカ向けに描いたアンソロジー『MANGA』って本があるらしい。 全然知らなかった…読んでみたいな〜。 海外に日本マンガを届けた人々第1回 編集者・向出雅一 - メディア芸術カレントコンテンツ https://mediag.bunka.go.jp/article/article-15381/

@ANAGUMA

モンストレスモンストレスの訳者の人だ!…ってか、この記事読み応えヤバいな!?「『日本漫画のアメリカ進出前』の1987年以前に出版された謎のアンソロジー」の執筆陣が豪華過ぎる

【以下、引用】
平田弘史平田弘史田森庸介田森庸介星野之宣星野之宣大友克洋大友克洋宮西計三宮西計三三山のぼる三山のぼる福山庸治福山庸治、生頼範義(おうらい・のりよし/イラスト)などのほか、表紙に空山基(はじめ)、裏表紙は平田弘史のイラストで、平田弘史イラストのカラーリング担当はおおやちき、とある。」

モンストレスの...

椎名ゆかりさんの連載がはじまった。 80年代に日本の漫画家がアメリカ向けに描いたアンソロジー『MANGA』って本があるらしい。 全然知らなかった…読んでみたいな〜。 海外に日本マンガを届けた人々第1回 編集者・向出雅一 - メディア芸術カレントコンテンツ https://mediag.bunka.go.jp/article/article-15381/

椎名ゆかりさんの連載がはじまった。 80年代に日本の漫画家がアメリカ向けに描いたアンソロジー『MANGA』って本があるらしい。 全然知らなかった…読んでみたいな〜。 海外に日本マンガを届けた人々第1回 編集者・向出雅一 - メディア芸術カレントコンテンツ https://mediag.bunka.go.jp/article/article-15381/

@ANAGUMA

G-NOVELSの宣伝動画はまだ1000回も見られていない(無念)
けどIGNの紹介動画は7万再生されてて、ロード・オブ・ザ・リング、ハリーポッター、ゲーム・オブ・スローンズと並ぶ「次の偉大なダーク・ファンタジー・サーガ」としてモンストレスモンストレスが紹介されてる
日本でもっと広まってくれ〜〜:joy:


!!?!!うおおおストレンジャー・シングスの漫画が何作か出てた…!!しかも1巻$2.4でやっす!!買います… Stranger Things: SIX #1 https://www.amazon.com/Stranger-Things-SIX-Jody-Houser-ebook/dp/B07PPX7HJT https://www.darkhorse.com/Comics/3002-821/Stranger-Things-SIX-1

!!?!!うおおおストレンジャー・シングスの漫画が何作か出てた…!!しかも1巻$2.4でやっす!!買います… Stranger Things: SIX #1 https://www.amazon.com/Stranger-Things-SIX-Jody-Houser-ebook/dp/B07PPX7HJT https://www.darkhorse.com/Comics/3002-821/Stranger-Things-SIX-1

@たか

買いました…!ついにアメコミデビュー…!!:laughing::sparkles:

買いました…!...

高浜寛高浜寛トーチトーチでやってる「L’Amant ー愛人ーL’Amant ー愛人ー

1929年、フランス領インドシナ。
現地のフラン人女学校に通う貧しい少女は、
ある日メコン川のボート乗り場で華僑の青年と出会う。
少女は金と快楽のためと割り切って関係を持つが……
フランス文学の不朽の名作を高浜寛が世界で初めて漫画化。

これはもう日本人が描いている海外マンガといっていいのでは。絵が最高すぎる

L’Amant ー愛人ーの作品詳細ページです。「トーチ」はリイド社が運営するwebサイト上にある辺境の観光地です。「トーチ」のプロジェクトは『オルタナティヴな表現』と『自分たちの老後への道筋』を探し、光をあてる(発信する)ことを目的に始まりました。

ライムスター宇多丸のラジオの狩撫麻礼狩撫麻礼特集で聞いた話。担当編集さんいわく「オールド・ボーイオールド・ボーイ」は連載当時はあまり人気がなかったけど、韓国の映画監督達が月イチで日本の漫画について語る会をしていて、そこでパク・チャヌク監督に「お前が絶対に好きな作品だから読め!」と勧めてくれた監督(その人も有名な監督さんでしたが失念してしまいました…)がいて映画化に至ったらしいです。日本の漫画への熱い期待が嬉しい話でした。ちなみに狩撫さんも映画化を喜んでいたとのこと。

ちばてつやちばてつやさん マンガ研究所 中国の大学に設立

あしたのジョーあしたのジョー」などの作品で知られる漫画家のちばてつやさんが中心となって、中国 江蘇省南京の大学にマンガやアニメを学ぶ…

以前旅行で北京の本屋さんに行ったらマンガのコーナーは棚5つ分くらい(そもそも本屋の数が少ないのにビックリした)。
想像より小ぢんまりしてたから意外だったけど、内訳はアメコミが2割、技法書が1割、日本の漫画は1割くらいって感じで半分以上は中国の作品だった。
作家の数自体はすごく多いんだろうと思う。

マンガ研究って名前だけど、学問としてマンガをやるっていうよりはやっぱり制作が主目的の機関だと思うから、これを機に中国の作家が日本でも知られるようになったら楽しいな。

ちばてつやさん マンガ研究所 中国の大学に設立 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191009/k10012119501000.html 以前旅行で北京の本屋さんに行ったらマンガのコーナーは棚5つ分くらい(そもそも本屋の数が少ないのにビックリした)。 想像より小ぢんまりしてたから意外だったけど、内訳はアメコミが2割、技法書が1割、日本の漫画は1割くらいって感じで半分以上は中国の作品だった。 作家の数自体はすごく多いんだろうと思う。 マンガ研究って名前だけど、学問としてマンガをやるっていうよりはやっぱり制作が主目的の機関だと思うから、これを機に中国の作家が日本でも知られるようになったら楽しいな。

ちばてつやさん マンガ研究所 中国の大学に設立 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191009/k10012119501000.html 以前旅行で北京の本屋さんに行ったらマンガのコーナーは棚5つ分くらい(そもそも本屋の数が少ないのにビックリした)。 想像より小ぢんまりしてたから意外だったけど、内訳はアメコミが2割、技法書が1割、日本の漫画は1割くらいって感じで半分以上は中国の作品だった。 作家の数自体はすごく多いんだろうと思う。 マンガ研究って名前だけど、学問としてマンガをやるっていうよりはやっぱり制作が主目的の機関だと思うから、これを機に中国の作家が日本でも知られるようになったら楽しいな。

@名無し

🌏海外マンガの情報が何でも集まるトピ コメント全48件をみる 中国のマンガアプリDL数は2億、(マイナー職業にもかかわらず)マンガ家は100万人 あらためて数字で見ると凄まじい あとジャン... たかさんのコメント


(マイナー職業にもかかわらず)マンガ家は100万人
 
↑のコメ通り、まさにこの中国人作家の多さを感じるエピソードですね。

ジャンププラスでは群青のマグメル群青のマグメル兄に付ける薬はない!兄に付ける薬はない!時間の支配者時間の支配者(台湾)とか中華系の作品が増えてきてるよね

コミックウォーカーは日英中に対応してて、それぞれのトップページは言語に合わせて表示作品が変わるようになってるし、「ComicWalker GLOBAL」ではアジアの作家の作品が中国語と日本語で読めるのがすごい。
https://comic-walker.com/global/

翻訳されてない作品も気にせず「アップしとくか!」の精神で一緒に掲載してあるのめっちゃ好き

リアド・サトゥフリアド・サトゥフさんから吾妻ひでお吾妻ひでおさんへの色紙…。

吾妻さんは海外でも評価の高い作家さんですよね。この前もイタリアで賞を獲ったばかりだし。

吾妻ひでお「失踪日記失踪日記」がイタリアのマンガ賞であるGran Guinigi賞のRiscoperta di un’opera(再発見された作品)部門を受賞。10月末に開催されるヨーロッパのコミックコンベンション・Lucca Comics & Gamesにて、授賞式が行われる。

ご冥福をお祈りします。

Le webcomic d'a girl with sharp ears.


また新しいコンテンツを見つけてしまった…。圧倒的フランス・オタクマンガですね。


アニメのクオリティもすげえ。


マジかよ…(震え)

高浜寛がトーチでやってる「L’Amant ー愛人ー」 >1929年、フランス領インドシナ。 現地のフラン人女学校に通う貧しい少女は、 ある日メコン川のボート乗り場で華僑の青年と出会う。 少女は金と快楽のためと割り切って関係を持つが…… フランス文学の不朽の名作を高浜寛が世界で初めて漫画化。 これはもう日本人が描いている海外マンガといっていいのでは。絵が最高すぎる http://to-ti.in/product/lamant

高浜寛がトーチでやってる「L’Amant ー愛人ー」 >1929年、フランス領インドシナ。 現地のフラン人女学校に通う貧しい少女は、 ある日メコン川のボート乗り場で華僑の青年と出会う。 少女は金と快楽のためと割り切って関係を持つが…… フランス文学の不朽の名作を高浜寛が世界で初めて漫画化。 これはもう日本人が描いている海外マンガといっていいのでは。絵が最高すぎる http://to-ti.in/product/lamant

@anonymous

最近海外ノンフィクション小説のコミカライズが多くて嬉しいですね

戦争は女の顔をしていない戦争は女の顔をしていない
(漫画)小梅けいと小梅けいと
(原作)スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ
(監修)速水螺旋人速水螺旋人

「あまりに恐ろしい戦争だ」「悲惨すぎる」「一言で言えば、ここに書かれているのはあの戦争ではない」……500人以上の従軍女性を取材し、その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著。『狼と香辛料狼と香辛料』小梅けいとによるコミカライズ。

『ある奴隷少女に起こった出来事』
あらい・まりこあらい・まりこ
原作 H・A・ジェイコブズ
訳・監修 堀越ゆき

WEBコミック「ある奴隷少女に起こった出来事」あらい・まりこ

マンガ家が海外マンガを語るめっちゃ面白そうなイベントが終わっていた


サブリナサブリナ、映画化の話があるらしい。
あの淡々とした感じを表現するのか、はたまたもっとエモーショナルにするのか…

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コメントする

この話題をフォローしているユーザー

書肆喫茶mori店主
ジャスミン