icon_reread
また読みたい
フォロー
天を射る(1)
“江戸のオリンピック”で天下一を射止めよ 京都「三十三間堂」本堂軒下。全長約120mを端から端まで、矢を何本通せるか―― 「通し矢」は藩と藩の面子を懸けた“江戸のオリンピック”。これは「堂射(どうしゃ)」とも呼ばれた弓術競技で 天下一を目指した若者達の青春の物語―― 主人公の勘左(星野勘左衛門:ほしのかんざえもん)は 尾張藩貧乏武士の三男坊。長兄・次兄に比べて取り柄のない勘左は、「堂射で天下一を成し遂げれば 立身出世も思いのまま」と言われても、「自分の夢」とは無縁だと思っていた。ある日、「運命の出会い」が起こるまでは―― 勝てば天下無双、負ければ切腹覚悟。「志と勇気」の物語が幕を開ける! テレビドラマ『SPEC』『ダブル・キッチン』の大ヒット脚本家、西荻弓絵氏×迫力満点の画力俊英、飛松良輔氏の強力タッグでおくる成り上がり譚!
天を射る(2)
どハマり者続々! 江戸の弓術オリンピック! 尾張一の名門、長屋弓術所で日々、稽古に励む勘左(かんざ)にライバル紀州との対抗試合の報せが…! 「太陽を射よ」との尾州代表選抜試験! 命懸けで「大根の的」を射る特別合宿!? 暗躍する紀州の忍び―― 勘左は尾州代表の座を 掴むことができるのか? 江戸の弓術で天下一を目指した若武者達の青春成長ストーリー! 「試練と覚悟」の第2弾!!
天を射る(3)
大反響! 江戸の弓術オリンピック試合開始! ライバル紀州と尾州との対抗試合が開幕―― 地を這う矢を射る“サソリの射手”! 正確無比な“鋼の弓術家”、呪術使い… 次々と奇策を繰り出す紀州に勘左達、尾州はどう立ち向かうのか!? そしてついて勘左(かんざ)の前に「日の本一」の男、吉見大右衛門(よしみだいえもん)が立ちはだかる! 江戸の熱き弓術スポーツ青春物語! 「勝負と友情」の第3弾!
天を射る(4)
対抗試合は、いよいよ大将戦へ!! 大反響! 江戸の弓術オリンピック!! 激化するライバル藩・紀州と尾張の対抗試合。戦績は2対2、勝負はいよいよ大将戦へと突入す! 尾張の大将・勘左が挑むは、紀州選抜隊二十七士・吉見台右衛門。“日の本一の男”と謳われる圧倒的実力者を前に、為す術は……!? どハマり者続々!! 江戸の弓術で天下一を目指した若武者達が織りなす熱き青春成長ストーリー!! 「激闘と葛藤」の第4巻!!
天を射る(5)
試練、突破なるか―― 「いつか必ず天を取る」堂射での天下惣一を目指す勘左は、ライバル藩・紀州との対抗試合を終え、師・六左衛門に波動の修業の許可を請う。しかし、危険を伴う波動の修業は認められず、それでも引かぬ勘左に、六左衛門が出した交換条件。“五つの炎を消さずに射貫く”難題に苦戦する勘左だったが、現れた浪人の妙技より、手がかりを掴む。いよいよ試験本番。勘左が放った渾身の矢。果たして成功なるか―― そして、六左衛門が課した試験の真意とは。
天を射る(6)
江戸の弓術青春譚、完結!! 尾張国 貧乏武士の三男坊、勘左が描いた夢―― 「勘左。本気で天下惣一を、狙わねえか。」「目指すは共に一つの天。いつか必ず… 一緒に天を取るぞ!」親友・ダイノジと志すは、堂射での天下惣一。射手と弓師。異なる道で、研鑽を積む二人。盟友と命を預け合う鍛錬、ライバル藩・紀州との対抗試合、野盗との戦い、半蔵との出会い… そして今、さらなる高みを目指し、波動の修業へ挑む勘左。一方、尾張に轟く報せを受け、事態は急変―― 若武者らは、大舞台へいざ参らんとす。命を捧げ、挑む者達。慟哭の末、至る境地とは―― 江戸の弓術青春譚、ここに完結!!