icon_reread
また読みたい
フォロー
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 1巻
「ななさんが可愛くて喰っちまいたい」年下イケメンが性欲全開の絶倫狼に豹変!! 3本の長い指でナカの奥深くまでかき回されて…。彼氏いない歴3年のOL・七海は、米国支社から転属してきたエリ―ト後輩・長谷川の教育係に。ある日、ワケあって自宅に来た彼に突然噛みつくようなキスをされて!?「オレ…理性がぶっ飛びそう」小柄な七海は長谷川の大きな体にすっぽり包まれながら敏感なトコロばかりを攻められて、久しぶりの快感に我慢できなくなってしまう。でも、彼はアレまで海外サイズのとんでもない大きさだった!!「全力で口説きます」本気を見せた長谷川に、キツイ秘部をトロトロに慣らすため毎日のようにエッチな手ほどきをされてしまい―!?
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 2巻
「七海のイイとこ、もっと教えて…?」初めて長谷川と身体を繋げた七海だったが、今まで感じたことがないほど大きすぎるアレでナカを満たされ、あまりの圧迫感でいっぱいいっぱいになってしまう。さらに、底なし精力の長谷川にゴムがなくなるまで何度もイカされ続け―!? 相変わらずストレ―トに気持ちを伝えてくれる彼に、どんどん惹かれていく七海。そんな中、週末に七海の家でお泊まりデ―トをすることに!!「オレがつけたキスマ―ク…まだ残ってるね」意地悪スイッチが入った長谷川に、指と舌だけで秘部をぐちゃぐちゃにされてしまう七海。初めて二人で舐め合いっこをしようとしたけど、口に入りきらなくて―!? その時、突然扉が開き――。
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 3巻
「下着、グッチャグチャに汚しちゃいますね」七海の弟・陸が通う大学の体育倉庫で、ムラムラ全開になった長谷川が完勃ち!? すぐそこに人の気配を感じるのに、恥ずかしい格好をさせられながらキツくなった秘部を指と舌だけで執拗にほぐされてしまう七海。パンツまでビショビショになるほど蜜を溢れさせて、苦しいくらいに絶頂―!! それでも、おあずけ続きで限界の長谷川は容赦なく攻め立ててきて!?「ゴム交換したら…もう一回シましょうね?」久しぶりに受け入れる彼のモノはやっぱりとんでもない大きさで、ナカの奥までみっちりと満たされ――。休みの間たっぷり愛を確かめ合った二人だったが、週明けの会社で突然七海と親しげな男性が現れて―!?
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 4巻
七海と村瀬のプロジェクトチ―ムに、なんと長谷川も参加することに!! 一緒に働けるのは嬉しいけど、すぐそばに同僚がいるのに長谷川が身体を触ってきて―!? そんな恥ずかしい姿を村瀬に見られてしまい…。「エッチな顔いっぱい見せて」出張前夜、自分の部屋で長谷川との時間を楽しむ七海だったが、密着しているだけで彼のアレが大きくなってきて!? 七海の身体を気遣って素股にしてくれたものの、ガチガチに硬くなったモノをぬるぬるの秘部に擦り付けられたら震えるほどの絶頂が!!「このままお腹にかけてもいい…?」間近で見る彼のエッチな表情にドキドキが止まらなくて――。翌日、村瀬と二人きりで出張先へ向かった七海にとんでもないトラブルが!?
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 5巻
とうとう会社でエッチなことをしてしまった…!! 背徳感と恥ずかしさでいっぱいなのに、初めて長谷川の家でのお泊まりデートをおねだりされて断れない七海。先にシャワーを借りて出てくると、用意したはずのパンツがない!! しかも彼が貸してくれたパジャマはシャツ一枚だけで!? 仕方なくノーパンで過ごす七海だったが、彼の家族写真や妹の話で盛り上がっているうちに突然押し倒されて――。「ななさん見てたら勃ってきちゃった」口に入りきらないくらいパンパンになった彼のモノをちゅぷちゅぷといやらしく舐める七海。いつもより積極的な七海を前にして、長谷川のアレは過去最大の膨張率に!? とろけたナカの奥まで一気に届いて意識が飛ぶほど絶頂―!!
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 6巻
展示会当日、赤ずきん姿の七海と巨大クマの着ぐるみを着た長谷川が二人で呼び込み担当に。七海の身体が狙われるトラブルがありながらもなんとか初日が終了!! 控え室で長谷川にローションを塗っていると、目の前で見る汗ばんだ男らしい身体と逞しい感触にドキドキしてしまい…。すると、お返しとばかりに服を脱がされ全身マッサージが始まって―!?「触ってなかったのにもう濡れてるね…」敏感な乳首ばかりを執拗に攻められると、それだけでトロトロに蜜が溢れるほど感じてしまう七海。お互いの身体を触り合っているうちに彼のモノが膨らんできてパンツを押し上げてる!! ムクムク大きくなるソレを擦り付けられながら舌と指で秘部をかき回されて――。
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 7巻
ホテルで甘い時間を過ごした休み明け、長谷川が突然“気まぐれ女王様”からの指名で大口取引先のホスト役に!! 社内で顔を合わせる時間もないほど多忙な彼を心配した七海は、手料理を届けるため彼の家に向かったが…。そんな中、“女王様”から毎日無茶な要求をされてグッタリの長谷川。スーツのまま寝てしまったのを見て起こそうとしたら、なぜかアレがどんどん大きく!? なんとか目を覚ました彼を癒してあげるため七海がご奉仕しようとすると、大胆すぎる姿を前に長谷川の意識は睡眠欲<性欲に!? 硬いモノで奥まで一気に満たされ、苦しいほどの快感にナカがきゅうきゅうと反応してしまい…。揺さぶられるくらい強く突き上げられたら、もうイク…っ!!
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 8巻
周りの目を気にしつつ、長谷川の部屋でプチ同棲気分を楽しむ七海。ところがマンションに出入りしているのを管理会社の人間に見つかってしまった!! そんなピンチにあのお隣の男性が現れて…。帰宅した彼に事情を説明すると、七海に声を掛けてきたというお隣さんに警戒心全開の長谷川。エッチしたらお隣さんにも音が聞こえちゃう…と思うのに、「ほんとに嫌ならここで拒絶して」と強引に服を脱がされ求められたらドキドキしてしまい…。舌で吸いつくように乳首を舐められ、下着越しに秘部をくちゅくちゅ擦られただけで糸を引くぐらい蜜が溢れる七海。そのまま一晩中濃厚に愛し合って――。ところが翌日、首筋のキスマークを村瀬に指摘されてしまい!?
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 9巻
翌日も仕事なのに、ホテルの部屋で独占欲全開の長谷川にいつも以上に激しく求められてしまう七海。びしょびしょになった秘部を大きすぎる彼のモノで容赦なく突き上げられながら、敏感な所をコリコリと執拗に擦られて…。身も心も彼でいっぱいに満たされ、そのまま朝まで何度も――。でも、その日以来なかなか会う時間がなくてすっかり七海不足の長谷川。そんな中、隣の部屋の住人・秋山に突然声を掛けられ、思いもよらない彼の正体が明らかになり…。一方、長谷川の部屋で久しぶりに二人きりの時間を楽しむ七海だったが、仕事のアクシデントがきっかけで秋山との関係が急展開を迎えることに―!?
長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏 10巻
秋山との交流会で場を盛り上げようと張り切りすぎて、酔っ払い&気疲れでグッタリな七海。空回ってしまったことに落ち込んでいると、迎えに来てくれた長谷川が介抱しながら家まで送ってくれて…。部屋に着くなり、彼に告白された時を思い出させるように玄関で強引にキスをされ―!? 初めて彼とHしたこの場所で、あの時できなかったことを…。お酒が回ってぼんやりする意識の中、彼のモノを自分から舐めて大きくしようとする七海。その大胆すぎる姿に長谷川のムラムラも限界で!? ちゅぷちゅぷと吸い付くように舌で秘部を愛撫されながら、彼に知り尽くされた気持ちいいところばかり長い指で擦られたらもう我慢できない…!!