reread
また読みたい
フォロー
【『神の雫』1~4巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】ソムリエ見習いの紫野原(しのはら)みやびは、知ったかぶりのお客の間違いを指摘し、その客を怒らせてしまった。しかし、その客の連れとして来ていた神咲雫(かんざき・しずく)のみごとなデキャンタージュによって救われる。実は彼は世界的に有名はワイン評論家、神咲豊多加(かんざき・ゆたか)の息子であった――。
【『神の雫』5~8巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】父、神咲豊多香の遺言状に記された『第一の使徒』の謎を探る神咲雫(かんざき・しずく)は、そのワインに対して雫と同じイメージを持つ画家の女性と知り合う。だが、彼女は昔の記憶を失い、ワインの銘柄も自分の名前さえも覚えてはいなかった。彼女の記憶を取り戻し『第一の使徒』を探すため、雫はワインが生み出す甘くせつない思い出の旅に出る。
【『神の雫』9~12巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】ワイン嫌いの若手社員・木戸竜介が、ワイン事業部に派遣されてきた! 偏見を持ち、ワインを飲もうともしない木戸。木戸にワインを好きになってもらうにはどうしたらいいか? 答えを求め、神咲雫は幼い頃の記憶を頼りに長野の別荘に向かった。そこには、時価20億といわれる神咲豊多香のワインコレクションの一部が眠っていた――。
【『神の雫』13~16巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】「韓国料理に合うワインリストを作ってほしい」という依頼を受けた太陽ビールワイン事業部。神咲雫は、ワインの可能性を信じ単身韓国に飛んだ。なかなか手がかりを見つけられずにいたが、思いがけない形で遠峰一青からヒントをもらう。その手がかりをもとに、雫はある解答に行き着く。ついに大団円! 激辛韓国料理 vs.赤ワイン!!
【『神の雫』17~20巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】“魔の山(マッターホルン)”にアタック! 日本のマッターホルン・槍ヶ岳に消えた写真家が、愛する人への想いを込めた1本のワイン。そのワインに『第五の使徒』へとつながる道を感じた神咲雫は、スイスの魔峰・マッターホルンへの登頂を決意。片や遠峰一青も目指す道は同じ。孤高の頂が二人に見せた光景とは――。
【『神の雫』21~24巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】ボルドー右岸。そこは小さなシャトーがひしめき合うワインの宝石箱。 サンテミリオンの美しき石造りの佇まい、深き森のような神秘の葡萄畑が、ボルドー右岸の未知なるワインとともに、雫たちを魅了する――。太陽ビールの、レストラン事業部とワイン事業部で争われた、対決の行方は?
【『神の雫』25~28巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】メドックマラソンを終えた神咲雫はボルドーに残り、父・豊多香のもうひとつの“原点”を探し続ける。永遠に続くワインの「道」を示す一本とは、何か!? また、雫が勤めるワイン事業部に廃部の危機が。部の存在意義を示すには、シャンパーニュを凌駕するほどの、まだ知られぬ産地の“泡(スパークリング)”を探す必要があるのだった。
【『神の雫』29~32巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】『第九の使徒』へ駆けよ! イタリア中部の黄金郷を--。イタリアの紅き至宝「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」。その「勝者のワイン」へと奔(はし)り出した雫(しずく)、一青(いっせい)、クリス。初の三つ巴戦は、恋も友情も揺れる大乱戦へ!
【『神の雫』33~36巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です】雫が豊多香の息子と知りながら、正面きって侮辱した男、アラン・クレール。ルネも出場するファッション・コンペティションは、雫にとっても『第十の使徒』前哨戦として、絶対に負けられない戦いに。一方、エルザの窮地を救った遠峰一青は、100mを超える危険深度のダイビングに挑む。それは『十二使徒』史上、最も複雑で難解な謎となる……。
【『神の雫』37~40巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】「グラナダの夕陽」を探せ!高い標高。50年を越える古木。世界中から集まる腕利きの醸造家たち。今世界で一番面白いワイン産地スペインに上陸した雫たちに突きつけられた新進のワインセレクターからの挑戦状。「グラナダの夕陽」をイメージさせるスペインワインとは? そして、そのセレクターの正体は!?