また読みたい
フォロー
私はあんたが羨ましい――。ロボ研に所属する車椅子の少女…双上唯は、憧れのヒーローを作るため、後輩で天才AI開発者の一宮玲那と共にアンドロイドを開発していた。あとはAI【人工知能】を入れれば完成という時、玲那が何者かに誘拐されてしまう。足の自由がきかない唯は自分の不甲斐なさに絶望するも、後輩を助けるために違法とされる“意識のコピー”をアンドロイドに施して…。人とアンドロイドが共生する世界で巻き起こる、少女たちの青春記録。
キミは今どっちなのかな―― “アンドロイド暴走事件”に巻き込まれたロボ研は、警備部に協力して事件の真相に迫っていくが…。自らの意識がコピーされたアンドロイド・杏那に嫉妬する双上唯。唯を心配する一宮玲那。そんな、玲那に振り向いて欲しい杏那。三人の想いが複雑に絡みだす完結巻。