拾った猫は肉食でした 1巻
一途な執着猫×押しに弱い飼い主の異種族ラブ!! 浪人生のナオは『擬人種』と言われるペットが苦手。見かけが人間にしか見えないからそれを飼うっていうのはな…。そう思っていたのに、擬人種の猫をうちで保護する事になってしまい!? 『雨』と名付けたその猫は、半年であっという間に成長。更にナオは一時的に保護しているだけだとわかった雨に「ナオを俺のものにする」と押し倒されてしまい!?
拾った猫は肉食でした 2巻
豹変した雨に襲われ、思い出すだけで恥ずかしい一夜を過ごしてしまったナオ。それ以降、雨の“甘え”は加速していき電話中でも肌を直接撫でられたり!? 距離をとろうとしても甘えられると拒否しきれないナオに、雨はやりたい放題。でもナオの『ペット』に対する気持ちを知った雨は…。
拾った猫は肉食でした 3巻
急にスキンシップが減り、触れられるのを避けるようになった雨。病気になったのではないかとナオは従姉の楓に相談するが、成長した『猫』としては普通ではないかと言われてしまう。もしかしたら、自分のことを好きだと言っていたのが勘違いだったと気付いたのでは…と考えたナオは淋しさを感じてしまい…。
拾った猫は肉食でした 4巻
お互いの気持ちを確かめ合った2人。雨の発情期も終わり穏やかな生活が…と思いきや、寝ている間に襲われる毎日。起きたら指がナカに入ってるってどういうこと!? 楓にも「恋人できた?」と聞かれ、今の状況に危機感を覚えたナオは雨と『適切な距離』をとろうと決意する。だけどナオの家に新しく子猫がきたことで、不機嫌になった雨は――!? かわいさとラブラブ満載の最終巻!!

拾った猫は肉食でした

ひろったねこはにくしょくでした
拾った猫は肉食でした 1巻
拾った猫は肉食でした 2巻
拾った猫は肉食でした 3巻
拾った猫は肉食でした 4巻