reread
また読みたい
フォロー
「学校なんて大人になるまでの暇つぶし」―― 横浜の高校生・寿未来(ことぶきみらい)は、ある日通りがかりに「謎の石」を拾う。後日、未来の前に現れたのは、歴史の謎を追う考古学者のノア教授! 「俺が直々に授業をしてやる」と連れてこられた先には、10万年前の横浜・みなとみらい遺跡が…!? 世界中の「未来遺物(ノーツ)」を集め、人類の絶滅(ループ)を食い止める! 「歴史的」冒険考古学ファンタジー開幕!!
「確かにこいつを受け取った。人類の未来を救うための手紙(メッセージ)として――。」 人類絶滅の鍵を握る人物「サン=ジェルマン伯爵」が10万年前に隠した宝を探すべく無人島へ向かう未来たち。さらに調査には、ノアの学友でクセの強い古生物学者の路龍(ルーロン)が加わる! 一方、人類絶滅を目的とする「聖堂騎士団(テンプルナイツ)」も島に上陸。彼らの持つHiNOTESとは…!?
「聖堂騎士団(テンプルナイツ)」第二使徒・MICHELANGELOのHiNOTESに、為す術もなく立ち尽くすノア等三人。辺りに響き渡る「セイレーンの歌」が導くものとは? やがて、かつての恩師から届いた手紙を手がかりに一行は伝説の島「アトランティス」を探しに向かう。だが、未来はある違和感を覚え始めていた。「…あれ? なんか私…ここ来たことある…?」 「歴史的」考古学ファンタジー、衝撃の最終巻!