あらすじ

羨望と嫉妬、そして人の残酷さ…。芝居の世界の闇に触れて絶望した仲蔵は、川へ身を投げる。運良く武家に助けられた仲蔵は、芝居に詳しいと言う彼に全てを打ち明ける。そして話を聞いた武家から、食い殺されたくなければ、こちらから噛み喰らうぞという気概を持てと言われ、役者として再び生きることを決意する…!!