あらすじ

義母、おしゅんの鬼のような厳しい稽古に耐え、坊は中村仲蔵を名乗る。だが、役者の盛りは短い…と、呉服商の吉川から言われた仲蔵は役者を辞め、吉川の家の居候に。男妾と噂されるが、実際は男妾以下の吉川の観賞道具だった。芝居町が恋しいと悩む仲蔵を見兼ねた吉川は、気分転換にと、仲蔵を連れ吉原にくり出す。そこで芸者の三味線を聞いた仲蔵は、突然…。