もっこり半兵衛(1)
月並半兵衛はある藩の剣術指南役。あることで脱藩し、江戸へ。ひょんなことで江戸の夜廻りの仕事を月一両ですることに…。それから八年。家族は、こまっしゃくれた八才の娘さやか。夜鷹の協力も得て江戸の夜の悪を退治するのだ。
もっこり半兵衛(2)
ある藩の剣術指南役だった、月並半兵衛。“人斬り半兵衛”と恐れられていた彼は脱藩し、現在は江戸の用心棒を月一両でしている。娘とふたり貧乏暮らしの中…今日も提灯に明かりを灯し、江戸の夜を希望で照らすのだ。
もっこり半兵衛(3)
時は享保2年。そこそこリアルな時代設定。浪人もっこり半兵衛は月一両で江戸の夜廻りを。仲間の夜鷹やお駒・乱丸もあいまっての…コメディ時代劇。
もっこり半兵衛(4)
時は享保二年。かつてある藩の剣術指南役でもあり、滅法腕の立つ月並半兵衛は脱藩しひょんなことから月一両で江戸の用心棒をしている。娘とふたり貧乏長屋暮らしをしながら仲間の夜鷹や陰間の乱丸、飴売りのお駒と涙あり、笑いあり、時にはちょっとHな剣客人情大江戸絵巻を紡いでいく。
もっこり半兵衛(5)
時は享保2年。かつてある藩の剣術指南役でもあり滅法腕の立つ月並半兵衛は脱藩し、ひょんなことから月一両で江戸の用心棒をしている。娘とふたり貧乏長屋暮らしをしながら仲間の夜鷹や陰間の乱丸、飴売りのお駒、歌舞伎役者の岩井玉五郎に商人の紀伊国屋文左衛門と涙あり、笑いあり、時にはちょっとHな剣客人情大江戸物語を紡いでいく。
もっこり半兵衛(6)
時は享保2年。かつてある藩の剣術指南役でもあり滅法腕の立つ月並半兵衛は脱藩しひょんなことから月一両で江戸の用心棒をしている。娘とふたり貧乏長屋暮らしをしながら仲間の夜鷹や陰間の乱丸、飴売りのお駒、歌舞伎役者の岩井玉五郎に商人の紀伊国屋文左衛門と涙あり、笑いあり、時にはちょっとHな剣客人情大江戸物語を紡いでいく。
もっこり半兵衛 7巻
時は享保2年。かつて、とある藩の剣術指南役でもあり滅法腕の立つ月並半兵衛は脱藩し時の大老・柳沢吉保を助けたことから月一両で江戸の用心棒をしている。娘とふたり貧乏長屋暮らしをしながら仲間の夜鷹や陰間の乱丸、飴売りのお駒 歌舞伎役者の玉五郎に商人の紀伊国屋文左衛門と涙あり、笑いあり、時にはちょっとHな剣客人情大江戸物語を紡いでいく。
また読みたい
フォロー