あらすじ

償う人に寄り添う女性保護司の物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。今巻では、覚醒剤取締役法違反で逮捕後、佳代が担当になったことで心に安寧を取り戻していた田村多実子がまたクスリに手を出しそうになる。その苦悩に佳代がまっこうから対峙する。読み応えたっぷりの一冊です。