icon_reread
また読みたい
フォロー
魅惑のボディガード
ジェスは社長からの電話で叩き起こされ、至急の仕事を受けることに。玄関を出ると、つきまとわれている男性からシャンパンのプレゼント。仕方がなく小脇に抱え、全速力でエレベーターに飛び込む。ほっとひと息ついた瞬間、コルクがはぜて盛大に同乗者の男性にぶちまけてしまう。ハンサムと言うには険しすぎる顔は憮然として、ケルトの血を思わせる瞳は怒りに満ちている。謝る彼女に対する皮肉な態度も当たり前だ。しかし、待ちあわせ場所にいたのは、なんとその彼…!?