from End~自由という名の妄想と殺意~(1)
新米の高校教師の篠宮ルイは、ある日、生徒である早瀬琉生が大切にしている写真を見てしまう。そこに写っていたものは自身が高校時代に性的虐待を受けている姿だった。消し去ったはずの過去が突然晒され、恐怖するが、それは再びおとずれる地獄のような日々の始まりに過ぎなかった…。
from End~自由という名の妄想と殺意~(2)
癌に侵されていた桜井は、 篠宮と琉生への復讐を続けるため、わざと殺されて、その一部始終を録音したICレコーダーをある人物に託していた…。そのありかを巡って翻弄される二人。桜井のいう復讐とは何か? そして状況を操る人物は何者なのか?
from End~自由という名の妄想と殺意~(3)
殺害現場の音声ファイルを聞き、篠宮と琉生が、人殺しだという事実を知ってしまったみちる。それが悲劇の連鎖を生みだすことに…。復讐の真相に辿りつこうとする篠宮と琉生の前に現れた意外な人物…。そして最後に二人が下す決断とは?

from End~自由という名の妄想と殺意~

ふろむえんどじゆうというなのもうそうとさつい
from End~自由という名の妄想と殺意~(1)
from End~自由という名の妄想と殺意~(2)
from End~自由という名の妄想と殺意~(3)