あらすじ

江戸中期。身分による絶対的な社会制度が、構築される中、その枠をはるかに超えてしまった男がいた。その男の手にかかれば、大名たちは頭を垂れ、全ての商敵も潰してしまう…。男の名は、越後屋善兵衛。悪の道を突き進んだ男は、伝説となる――。復讐の成り上がり豪商記、ここに、閉幕。