icon_reread
また読みたい
フォロー
武士のフトコロ(1)
貧困にあえいだ江戸時代の侍たち! 下級武士の年収は114万5千円!!! 50俵3人扶持の飛田家の次男にして二刀時中流の堀井道場・師範代である飛田蔵之丞。今はまだ何者でもない蔵之丞は、大藩へと仕官し、大金を掴むという夢を抱く!! 武士の懐事情からキビしかった暮らしの実態に迫る! 剣と銭で成り上がれ! 大江戸リアル時代劇堂々開幕!! リアルを知れば“江戸”がもっと身近で面白くなる!
武士のフトコロ(2)
江戸時代でもお金がすべて!!? 武士の給料事情から江戸ビジネスの絡繰りに迫る! 江戸時代の宝くじ1等賞金の最高額は1億円!!! 宝くじに夢を託して脱・下級武士! 年収114万円の飛田家の次男坊・蔵之丞は出世の道を切り開けるか!!? 武士たちの驚くべき実情が次々と明らかに! ◎武士が内職で得ていた収入は年10万円程度! ◎ほとんどの武士が数日に一度の出勤で良かった! ◎大工・左官・鳶の職人は御家人より高給取り! ◎上級武士・旗本の半数が実は無職状態だった!
武士のフトコロ(3)
大勢の江戸っ子たちが連日連夜つめかけた日本最大の風俗街・吉原! 上級花魁とひと晩、豪遊するのに掛かった費用は100万円!! 下級武士の次男にして、二刀時中流の師範代である飛田蔵之丞。初めて訪れた江戸最大の歓楽街・吉原、さらに岡場所・根津では運命の出会いを果たす。江戸の色街を渡り歩き、蔵之丞はそこで男の極楽、女の地獄を見た!! まさに苦界! 遊女たちの過酷すぎる懐事情! ◎江戸には50ヶ所程の遊里があり風俗店だらけ! ◎超格安店の遊女の料金はなんと10分1,250円! ◎遊女には給料がなく収入は客の御祝儀のみ! ◎貧農の娘は約20万円で女郎屋に身売りされた!
武士のフトコロ(4)
貧乏藩の姫様に江戸見学の案内をして欲しいと依頼される。借金まみれの藩の財政を立て直すため、姫様には約1億8千万円の持参金付きの縁談が進めされていた。藩の命運を握った政略結婚! 蔵之丞は何事もなく姫様を護衛することが出来るのか!? 江戸も地方も変わらない! 藩の厳しい懐事情! ◎全国266の藩のうち一万石の貧乏藩は40家もあった! ◎権力を握る江戸留守居役の接待交際費は5千万円! ◎下級藩士の年収は125万円程度で生活はギリギリ! ◎藩主の娘の婚礼費用はなんと4億5千万円!
武士のフトコロ(5)
年収はなんと114万円!! 下級武士の厳しい懐事情に迫る大江戸リアル時代劇! 武士相手の高利貸しで莫大な利益を得た札差! 江戸の大富豪といわれた札差の営業権は1億円で売買されていた!! 貧乏御家人・飛田家の次男、蔵之丞は札差の京次に用心棒“対談方”になってくれと頼まれる。その報酬として飛田家の借金125万円を帳消しにすると提案されるが……!? 多くの武士を借金まみれにして富を築いた札差! ◎江戸初期の金利は年25%という暴利であった! ◎札差の用心棒の給与は店の支配人並に高額だった! ◎借金帳消しの法令により札差は約594億円の損失! ◎札差による米の換金業務の手数料は3万7千5百円!
武士のフトコロ(6)
庶民を熱狂させた江戸最大の娯楽・歌舞伎!! 千両役者の最高年収額1億1千万円!!! 歌舞伎の興行は年6回、最も入場者の多い顔見世興行の1日の平均収入は300万円、年間収入は8億円にもなった!! 年収114万円の下級武士・飛田家の次男、蔵之丞は剣術道場の門下生・満園に誘われて、初めての歌舞伎見物に向かう。 そこで満園に紹介されたのは、贔屓の役者という梅助。下級役者の中通りである梅助は、薄給ゆえに生活が苦しく……。 華やかな江戸歌舞伎の舞台裏に迫る! ◎年間1億円を稼ぐ千両役者は江戸後期に7人いた! ◎下級役者・中通りの頭の年収は55万~60万円! ◎歌舞伎興行の年間利益はおよそ1億円だった! ◎一番高額な席料は約2万3千円、格安席は千円前後!
武士のフトコロ(7)
武士の身分は1500万円で買えた!!? 武士の価値とは如何ほどなのか!!? 貧乏侍の実態に迫った大江戸リアル時代劇、堂々完結!! 下級武士・飛田蔵之丞の母たよは労咳を患い、衰弱しきっていた。高額の診察費を払い医者を呼び寄せるが回復の兆しは見えず…… 最後の望みとして朝鮮人参を薦められるが、値は百両もするという。果たして蔵之丞は剣の道で大金を稼ぐことが出来るのか!? 貧困にあえいだ下級武士! その驚きの懐事情は…! ◎お金に困った武士は魂ともいえる刀・脇差を質屋に入れていた! ◎庶民でも250万円払えば帯刀を許される藩があった! ◎万能薬と言われた朝鮮人参の最高値は3千150万円! ◎滝沢馬琴は孫のため650万円で武士株を買った!