icon_reread
また読みたい
フォロー
ファイアキング マジカル・マンガ・オペラ(1)
鬼が蠢く地獄の底で、無邪気に笑う人間の赤子を見つけた地獄の大王・炎のエンマ。彼は赤子に生名をボンタと名付け、自らのヘソのゴマをすりつけ人間界へ戻した。10年後ボンタは奇妙な店・猿磨洞から猿人界という人間の心を司る世界へと旅立つ。そこでは人間を絶望に追い込み、覇権を握ろうとする鳥人が、無抵抗の猿人達を激しく攻撃していた。猿人界の大王モウエンは、小さなボンタに猿人界と人間界を救うよう願いを託した。
ファイアキング マジカル・マンガ・オペラ(2)
瀕死の大王モウエンと、猿人界と人間界を救う約束をしたボンタは、戦士を集めるため人間界に戻ろうとする。しかしその道中、鳥人による執拗な追撃を受け、体を張って警護をしてくれた猿人界の勇者・異和猿(イワザル)と悲しい別れをするはめになってしまう。なんとか人間界に戻ることができたボンタとその仲間たちだが、待ち受けていたのは、まったく新しい種族の獣人だった。果たして獣人は敵か? 味方か?
ファイアキング マジカル・マンガ・オペラ(3)
ボンタの前に現れたガニバルとゴルウ。「獣神」と名乗る彼らはファイアキングの居場所を示すと言う「火の柱」の在処をを知っていた! 仲間たちは必死で引き止めるが、ボンタは迷うことなく獣人界へと旅立つ。そこで待ち受けていたのは、血気盛んな数多の獣神、獣人と麗しきカリスマの軍神・ゲラン。圧倒的な軍事力を誇る鳥人軍を前に、ボンタは獣人軍を率いて究極の戦いに挑んでいく。