icon_reread
また読みたい
フォロー
歪のアマルガム(1)
お人好しの高校生・久佐場六道は、幼馴染の彌生とデートの約束の前日、子供を救うために踏切へと飛び込んだ。謎の施設で目を覚ました彼は、「賽」と名乗る組織により“妖細胞”を移植され、その身体は巨大な骨の怪物「がしゃ髑髏」へと変貌を遂げる──!!
歪のアマルガム(2)
妖細胞に侵され「がしゃ髑髏」となった身体を元に戻す為、零課に入った六道は、妖の力で暴走する尾崎を逮捕し、束の間の休息を。だが、六道たちのいる零課の拠点の東尋荘を、賽の実働部隊が襲う。彼等の狙いは六道自身で!? 読切『凶星の紫』同時収録。
歪のアマルガム(3)
“賽”の科学者・サラに、想い人の彌生を人質に取られてしまった六道は彌生の救出に向かう。だが“二号”妖の妖力を持つ空佑に阻まれ六道は空佑と共に1000mの上空に!? 一方地上では牛頭と影舟が、サラと対峙する。そこで語られる真実とは!? そして六道は彌生を救け出せるか!? 読切『妖移植変異体ガロ』収録。