あらすじ

陰陽師の綺羅は自分の体を捧げ、触手に犯されながら機会を伺い、退治していた。以前は式神である涼と一緒に妖怪退治をしていたが、涼に恋心を抱いてしまった綺羅は、自分が犯されている姿を見られたくないと涼と妖怪退治に行くのをやめてしまった。ある日、師匠に頼まれ1人妖怪退治に向かうと、思った以上に強い相手に好き勝手襲われてしまう。2本同時に突っ込まれて手も足も出なくなった綺羅の下にやってきたのは―!?