icon_reread
また読みたい
フォロー
蜜の味
「好きな人が出来ました」そう言って青年は私の許から去って行った──そんな時、公園で出逢ったとがった少年は、まるで腹をすかせたノラ猫のようだった──。※男子上等!vol.12,14,16掲載作品