icon_reread
また読みたい
フォロー
私の甲子園(1)
作品は東北のとある高校が舞台。10年前、甲子園出場の輝かしい実績はあるが、今はそれも昔の話。だが、ある日、甲子園出場時の女子マネージャーが赴任してから、野球部が活気づき出した。彼女は心に秘める想いを胸に部長に就任したが……。
私の甲子園(2)
母校の教師として採用が決まった綿谷しほのが、甲子園を訪れたとき、今は亡き耕平との約束を思い出した。それはもう一度、甲子園出場を果たすというものだった。だが、野球部員が9人に満たない事を知りビックリするが、持ち前の楽天主義で、再建へと突き進んでいく。
私の甲子園(3)
秋季大会、1回戦!!9回裏──。強豪の『青陵高校』を相手に勝利目前の『十八鳴高校』の落ちこぼれ、つっぱり、オカマらの寄せ集めナインはマジ、勝つ気になっている。が、果たして、勝利の女神は微笑むのか…!?
私の甲子園(4)
ノッポにヒゲ顔、超美少年に万年ハッスルボーイの4人が『十八鳴高校』野球部に入部。果して彼らは、甲子園出場を目指すしほのの秘密兵器なのか!?なんちゃって高校球児たちが本物の甲子園をめざします!感動の第4巻!!
私の甲子園(5)
過去に甲子園出場の実績を持つ「十八鳴(くぐなり)高校」に赴任した甲子園経験組の元マネジャー・綿矢しほのが驚いたダラダラ野球部も形を整え地方予選に。夢半ばで逝ったエースとしほのの約束、甲子園と聞いただけで発疹が出る投手・大田原の葛藤……試合(それ)は日常に流され止めてしまった時間を再び進める、自分のための戦い!感動の最終巻!!