icon_reread
また読みたい
フォロー
たんぽ(1)
老舗呉服屋「鈴宮」。その内情は3億円もの借金を抱えた火の車! しかも、借金の担保は鈴宮家の美人三姉妹、紫(19)・藍(16)・緑(14)だった!! そんな「鈴宮」に丁稚として住み込むことになった裕次郎! 三姉妹に囲まれた裕次郎の地獄?の日々のスタートだ!
たんぽ(2)
名門・聖ルシフェル学園で、新体操部の生徒が緊縛されたうえに部費まで盗まれるという事件が起きた!! 犯行の手口が変態的であるため、即座に裕次郎に疑いの目が向けられる。裕次郎の存在を疎ましく思う薔薇十字会はこれを期に彼を学園から追放できればと期待するのだが、真犯人は意外なところに……!?
たんぽ(3)
聖ルシフェル学園を支配する薔薇十字会のリーダー九条麗美は、念願の生徒会長(クイーン)の座に! 同時に学園から裕次郎を追放することに成功した。最大権力を手にした薔薇十字会は、学園に恐怖政治を敷くようになる! それに耐えかねた正義の味方、ルシフェル仮面=藍が動き出す!!
たんぽ(4)
呉服屋「鈴宮」の借金は膨れに膨れ、いまやなんと30億! そんななか鈴宮の二女・藍は、亡くなった孫娘が藍に瓜二つという富豪のおじいちゃんと知り合い、家に招かれる。おじいちゃんの孫への想いに同情した藍は、その要望に答えようとするも、要求が次第にエスカレートしていき、とんでもないことに!?
たんぽ(5)
藍が生徒会長(クイーン)になってから、学園内の風紀が乱れまくっていると評判が悪い。その原因は、もちろん裕次郎! 度重なるセクハラにより、今さらながら、神父としての資質が問われることに。裕次郎に“試練”を与え、それに耐え抜ければ聖者として認め、失格なら学園追放の、地獄の試験が始まった!!
たんぽ(6)
ついに(いや…ようやく?)神父失格の烙印を押され、学園追放となった裕次郎! ……にもかかわらず、学園に忍び込んではスケベな悪事を続けていた。それを薔薇十字会が黙って許すわけもなく、裕次郎捕獲作戦の末、とうとうお縄に!! さすがの藍も、これにはお手上げ!?