reread
また読みたい
フォロー
グレッチェンが働くウエディング会社に特別な依頼が舞い込んだ。週末の結婚式で招待客の映画スター、ジュリアン・クーパーの恋人のふりをしてほしいというのだ。男の人が苦手、太めでクセッ毛のわたしにできるわけないわ。スイートルームを訪れると、そこには輝く容姿でゴージャスな彼。かたくなる彼女にジュリアンは「演技指導が必要だな」と甘くキスをする。ふさわしい相手になれるよう提供された資金は2千ドル。高級スパとブティックで大変身することに…!?