icon_reread
また読みたい
フォロー
淋しいのはアンタだけじゃない(1)
かつてなかったマンガになるのではと思われます。[ブラック・ジャック創作秘話]、[さんてつ]を送り出してきたマンガ家・吉本浩二さんは、日本福祉大学のご出身。ただ福祉関係からは遠い職歴でした。そんな吉本さんが、あるご縁にも助けられ、聴覚障害の世界を描くことに。そしてご縁は不思議な糸でつながっていき………。マンガならではの表現で、聴覚障害が、そしてストーリーが描写されていきます。日本中を騒がせた、あの佐村河内守氏の事件も取り上げます。この件は既に映像作家の森達也さんが映画にされると発表されていますが、森さんと吉本さんはお会いしたものの、互いにその内容については関知していません。新しいドキュメンタリーマンガであり、且つ、ミステリーとも言えるかもしれません。ぜひ最後までお読みいただき、読者の皆さんにも一緒に考えていただきたい、そんな内容です。
淋しいのはアンタだけじゃない(2)
聴覚障害者、患者と医師に迫り、探れば探るほど、その不思議、厄介さにおののく。マンガは、マンガ家は、実態を描くことができるのだろうか? そして、僕らの“ほんとう”は、どこにあるのだろうか? マンガで進化する新感覚ドキュメンタリー! & ミステリー!? 深層へ!!!
淋しいのはアンタだけじゃない(3)
(文化庁メディア芸術祭〈第20回〉・マンガ部門・審査委員会推薦作)医療の現場でふれた、課題と光明。しかし、取材をすすめれば、取材対象者の見解をすんなり描けない現実にもぶつかって… マンガ家は、自分のマンガに揺れ動く… 結局、僕らの“ほんとう”はどこにある? マンガで進化する、新感覚ドキュメンタリー!! &ミステリー!? ついに完結へ!! マンガがいちばん人に迫るのだ!!!