あらすじ

「私には差し押さえできません――」初めて差し押さえの現場に立ち会ったものの、同じ経験をした幼い日の記憶が蘇り、最後まで仕事を全うできなかった華子。心配する同僚たち。徴税吏員として大きな壁が華子に立ちはだかる……!!