また読みたい
フォロー
▼第1章/戦うさらりーまん ▼第2章/悩めるさらりーまん ▼第3章/怒りのさらり-まん ▼第4章/さらりーまん二階堂 ▼第5章/愛するさらりーまん ▼第6章/さらりーまん有情 ▼第7章/さらりーまん イン パラダイス ●登場人物/矢吹四郎(ドンクサイく無能なサラリーマンだが、会社が終わると超二枚目に変身)、丸山(童顔の42歳。営業二課長)、平沢(サラリ-マン生活80年、今だに現役のヒラ社員)、秋田(すぐパニクってしまう、ちょっと内気な社員)、二階堂(趣味は名刺集め、肩書きはおじぎ研究家、握手研究家等々… 不可解な男)、深町(ちょっカゲのあるシブイ男。しかし飯をこぼす癖あり) ●本巻の特徴/第4章では、本書の中でも一際メーワクなキャラの一人、二階堂にスポットをあてる。彼は世界一小さな名刺や、暗闇でしか読めない夜光塗料で印刷した名刺を集めることに執念を燃やしたり、おじぎ研究家、握手研究家など、不可解な肩書きを持つサラリ-マン。凡人には理解不能の彼の特異な性格と生活を描く。
▼第1章/波乱万丈さらりーまん ▼第2章/さらりーまん七転八起 ▼第3章/怒濤のさらり-まん ▼第4章/哀愁のさらりーまん ▼第5章/さらりーまん立志法 ▼第6章/天上天下さらりーまん ●登場人物/阿部(営業生活30年目にしてやっととれた契約の驚きから心臓発作で死亡)、秋田(すぐパニクってしまう、ちょっと内気な社員)、高木(アクの強い男だったが、3年間の海外赴任を経て、一まわり小さくなって帰ってきた)、タメジロウ(窓際社員。向かいのビルの窓際社員と交友を温めている)、二階堂(性格理解不能の男。趣味は名刺集め。最近は、何十枚も集めると女性のヌード写真になる名刺を考案) ●本巻の特徴/第4章は、哀愁漂う窓際族が主役。毎日の天気の移り変わりを報告することだけが仕事の男や、する事がないため会社で「半生記」を執筆する男が登場。悲哀でいて、少しユニークなサラリーマンの行く末物語が展開する。
▼第1章/さらりーまんの国から ▼第2章/ふぞろいのさらりーまん ▼第3章/パンチ DE さらり-まん ▼第4章/さらりーまんだよ! 全員集合 ▼第5章/どてらいさらりーまん ▼第6章/傷だらけのさらりーまん ●登場人物/花岡課長(いつもニコニコしている。が、真顔が超ブキミ)、伊達課長(冷酷でムゴイ、氷のようなマナザシを持つ)、村山(サラリーマンをやっているのが嬉しくて仕方ない男。時々感極まって奇声を発する)、二階堂(性格理解不能の男。趣味は名刺集め。最近は、魚を利用した食べられる名刺を考案)、カマタ(女子風呂を覗こうとして、ビルから転落。現在は“ロボ課長”として復活) ●本巻の特徴/第4章では、ロボ課長カマタがニュ-キャラとして登場。カマタは、社員旅行で女子風呂を覗いている最中にビるから転落。最新の医療技術を投入した大手術の後、ロボットになった。復活した後もそのスケベ心は健在で、痴漢や覗きに励む毎日。この“ロボット課長”カマタの他、持前の冷酷さで周囲を張りつめさせてしまう男、伊達、そして二階堂など、アクの強いキャラが全員集合し、読み応え十分。
▼第1章/ダンス・ウイズ・さらりーまん ▼第2章/天国から来たさらりーまん ▼第3章/さらり-まんのはらわた ▼第4章/時計じかけのさらりーまん ▼第5章/ブリキのさらりーまん ▼第6章/さらりーまんがいっぱい  ●登場人物/安田(編物が特技。その特技のためリストラから逃れられたラッキーな男)、鹿田(ナルト型の髪型のため、おじぎをすると相手が目を回してしまう)、緋桜(顏はコワモテだ。が、人付き合いが大の苦手)、兎田(まゆげ、まつげ、ひげあと、胸毛等々… 超毛深い男。その気持ち悪さとコワサは社内一) ●本巻の特徴/第3章の主人公は兎田。とても毛深く、そして脂ギトギトの男だ。好物はレバー、天プラ、とんかつなど。その脂っこさは強力で、大雨もはじいてしまうほど。女子社員に毛嫌いされながらも、会社でたくましく生きる兎田のオカシクもカナシイ日常を描く。
▼第1章/さらりーまん番外地 ▼第2章/さらりーまん紙風船 ▼第3章/もののけさらりーまん ▼第4章/さらりーまんふんじゃった ▼第5章/嵐を呼ぶさらりーまん ▼第6章/さらりーまん血煙り街道 ●登場人物/兎田(まゆげ、まつげ、ひげ、胸毛等々… 超毛深い男。気持ち悪さは社内一)、二階堂(趣味は変わった名前の名刺集め、肩書きはおじぎ研究家、握手研究家等々。不可解な行動が多いが仕事はできる)、秋田(小心者で内気な社員)、鬼頭(この世のものとは思えぬ悪魔面の男。他社の新人営業社員の研修[度胸試し?]に利用されることが多い) ●本巻の特徴/第3章は超コワモテの鬼頭課長が主人公。鬼頭は、呼び出しをかけた常務を「今忙しいんじゃ! 用があるならそっちから来い」と逆に呼びだしてしまうなど、社内では怖いもの無しだが、その凶悪面によって被るさまざまな誤解、悲哀があって…。
▼第1章/ナチュラルボーンさらりーまん ▼第2章/真夜中のさらりーまん ▼第3章/かくも長きさらりーまん ▼第4章/ニューさらりーまんパラダイス ▼第5章/スタンド バイ さらりーまん ▼第6章/さらりーまんの惑星 ●登場人物/秋田(マイペースの小心者。誰もいない屋上が彼のオアシス)、鬼頭課長(他社の新人の度胸試し(?)に利用される超怖面の男。かなり怖いが、多分いい人)、兎田係長(髪の毛、胸毛をはじめ体毛全てが濃いーい男。ちなみに好物は生の牛レバー、スッポンの生き血、マムシなど…)、丸山課長(お肌スベスベ、肉プヨプヨの、まるで赤ちゃんがそのまま大きくなったかのような課長)、二階堂(容姿端麗、仕事は優秀。変わった名前、特徴ある姿の人と仕事をするのを好む。ちなみに最近の彼のお茶請けは、海苔、かまぼこ…)、西条さん(「彼を辞めさせると女子社員の暴動が起こる」とされ、とっくに定年を迎えているにもかかわらず、辞めさせることができない女子社員のアイドル的存在) ●本巻の特徴/第2章では、小心者の秋田が300億円のプロジェクトの命運がかかった重要書類を運ぶことになるのだが、秋田はなんと玄関ロビーで……。嗚呼、さらりーまんって、さらりーまんって…。
▼第1章/さらりーまんが目にしみる ▼第2章/マイ ファニー さらりーまん ▼第3章/さらりーまんに願いを ▼第4章/フライ ミー トゥ ザ さらりーまん ▼第5章/酒とバラのさらりーまん ▼第6章/さらりーまんで行こう ●登場人物/秋田(マイペースの超小心者。誰もいない屋上が彼のオアシス)、鬼頭課長(他社の新人営業の度胸試し(?)に利用される超怖面の男。かなり怖いが、たぶん、きっと、おそらくいい人)、兎田係長(髪の毛、胸毛をはじめ体毛全てが濃いーい男。ちなみに好物は生の牛レバー、スッポンの生き血、マムシなど…)、丸山課長(お肌スベスベ、肉プヨプヨの、まるで赤ちゃんがそのまま大きくなったかのような人)、二階堂(容姿端麗、仕事は優秀。変わった名前、特徴ある姿の人と仕事をするのを好む。そしてゲテモノ好き) ●本巻の特徴/シニカルな笑いで絶大な人気を誇るサラリーマンのバイブル、お待たせの7集目は「馬耳東風編」! 個性あふれまくりのサラリーマンたちの非日常的日常を綴るナンセンス4コマ。究極のサラリーマン道ここにあり! 世紀末救世主伝説が今、始まる…… え? もう世紀末も終わり?
▼第1章/さらりーまんだよおっかさん ▼第2章/岸壁のさらりーまん ▼第3章/ラブ ユー さらりーまん ▼第4章/恍惚のさらりーまん ▼第5章/コモエスタさらりーまん ▼第6章/ちゃんちき さらりーまん ●主な登場人物/秋田(マイペースの超小心者。誰もいない屋上が彼のオアシス)、鬼頭課長(他社の新人営業の度胸試し(?)に利用される超強面の男。かなり怖いが、たぶん、きっと、おそらくいい人)、兎田係長(髪の毛、胸毛をはじめ体毛全てが濃いーい男。ちなみに好物は生の牛レバー、スッポンの生き血、マムシなど…)、丸山課長(お肌スベスベ、肉プヨプヨの、まるで赤ちゃんがそのまま大きくなったかのような人)、二階堂(容姿端麗、仕事は優秀。変わった名前、特徴ある姿の人と仕事をするのを好む。そしてゲテモノ好き) ●本巻の特徴/給料さえもらえれば、会社が潰れたって構わない! 前作「馬耳東風編」から2年6か月ぶりの…… たまりにたまった鬱憤が大爆発! 捨て身のサラリーマン4コマ、満を持しての登場だ!!
▼第1章/ヒア カムズ ザ さらりーまん▼第2章/ライク ア ローリング さらりーまん▼第3章/サウンド オブ さらりーまん▼第4章/さらりーまん イン ザ スカイ ウィズ ダイアモンド▼第5章/さらりーまんは飛んで行く▼第6章/さらりーまん ワンス モア●主な登場人物/秋田(マイペースの超小心者。誰もいない屋上が彼のオアシス)、鬼頭課長(他社の新人営業の度胸試し(?)に利用される超強面の男。顔はかなり怖いが、たぶん、きっと、おそらくいい人)、兎田係長(髪の毛、胸毛をはじめ体毛全てが濃いーい男。ちなみに好物は生の牛のレバー、スッポンの生き血、マムシなど…)、丸山課長(お肌スベスベ、肉プヨプヨの、まるで赤ちゃんがそのまま大きくなったかのような人)、二階堂(容姿端麗、仕事は優秀。変わった名前、特徴ある容姿の人と仕事をするのを好む。そしてゲテモノ好き)●2か月連続発売の最新刊は、仕事の疲れもぶっ飛ぶ内容!! 笑っている場合ではありません。こんな戦慄のサラリーマンが、ほーら、あなたの隣にも…。
▼第1章/さらりーまん白書をもう一度 ▼第2章/虹とさらりーまんの頃 ▼第3章/さらりーまんを見ていた午後 ▼第4章/さらりーまん街の喫茶店 ▼第5章/八月の濡れたさらりーまん ▼第6章/酒と泪とさらりーまんと女 ●主な登場人物/秋田(マイペースの超小心者。誰もいない屋上が彼のオアシス)、鬼頭課長(他社の新人営業の度胸試しに利用される超強面の男。顔はかなり怖いが、たぶん、きっと、おそらくいい人)、兎田係長(髪の毛、胸毛をはじめ体毛全てが濃い男。ちなみに好物は生の牛のレバー、スッポンの生き血、マムシなど)、丸山課長(お肌スベスベ、肉プヨプヨの、まるで赤ちゃんがそのまま大きくなったかのような人)、二階堂(容姿端麗、仕事は優秀。変わった名前、特徴ある容姿の人と仕事をするのを好む。そしてゲテモノ好き) ●本巻の特徴/シニカルな笑いで絶大な人気を誇る爆笑4コマ、記念すべき第10集目! 就職祝いに最も向かないこの一冊、あなたの出世と引き換えにどうぞ!!