reread
また読みたい
フォロー
人体と機械を融合させた究極の格闘技―機関拳闘。その若き闘士、レビウスは、ライバルのヒューゴを撃破した謎の美少女兵器A.J.との昇格戦に勝利し、ついに頂上リーグGrade-Iに登りつめる。しかしそのダメージは大きく、1年もの間、生死の境をさまようが、その危機を救ったのが…!? レビウスの“妻”だと名乗る少女闘士、ナタリアも登場し、格闘技の頂上バトルはいきなりの最高潮を迎えた!!
人体と機械を融合させた究極の格闘技―機関拳闘。その若き闘士、レビウスは、A.J.との死闘を制し、頂上リーグGrade-Iに登りつめる。しかし、最初の対戦相手は、無敗の“帝王”オリバー=E=キングスレー!! あり得ない無謀なマッチメークに周囲が騒然とする中、一人レビウスだけが、悪魔のような笑みを浮かべたのだった。
人体と機械を融合させた究極の格闘技――機械拳闘。 Grade-Iに登りつめた若き闘士、レビウスは、「サザンスラム」という最高の舞台で、無敗の“帝王”オリバーとの一戦を迎えることとなった。 その予選に突如現れた、A.J.の弟、バルテュス。 異様な強さを見せる彼のファイトに動揺するA.J.。 そして、レビウスに想いを寄せるナタリアのある決意とは…!? 闘士たちの拳と魂が交差し、沸騰する!!
人体と機械を融合させた究極の格闘技―機関拳闘。その最高峰の大会「サザンスラム」で“帝王”オリバーと「王者戦」を戦うことになったレビウスは、調印式の場で驚くべき事実を知ることになる。大会の背後にうごめく陰謀を感じ取りながらも「それでも、僕は戦う」と宣言するレビウス。一方、Grade-IIIで本戦出場を決めたナタリアだったが、その初戦の相手は…!!?
人体と機械を融合させた究極の格闘技―機関拳闘。その最高峰の大会「サザンスラム」の火蓋が切られた。Grade-IIIの一回戦、ナタリアは、A.J.の弟で今や最凶兵器と化したバルテュスと対戦することとなった。レビウスの指示で、ザックとビルがセコンドに加わり、強い覚悟とともにリングに立つナタリアに、バルテュスが圧倒的なパワーで襲いかかる。そんな死闘の最中、ナタリアはバルテュスから思いがけぬ言葉を聞く。―驚愕の結末が「蒸気」の向こうで待ち構えている!!
人体と機械を融合させた究極の格闘技――機関拳闘。その最高峰の大会「サザンスラム」で、“最凶兵器”バルテュスと対戦することとなったナタリア。お互いが死力を尽くした戦いの果てに訪れた結末は、あまりに壮絶なものであった。しかしそれとて、大会最後を飾る「王者戦」の前にはささやかな出来事に過ぎなかった。暴発寸前の蒸気圧が示す、運命と覚悟。世界中が静寂に包まれる中、レビウスvs.オリバー戦のゴングが響いた!! ※本作は横書き&左開きです。
人体と機械を融合させた究極の格闘技──機関拳闘。その最高峰の大会「サザンスラム」のクライマックス、王者戦。「この試合をもって引退する」と発表された不滅の王者、オリバーに、医療用の義手で果敢に挑むレビウスは、序盤、意外な善戦を見せる。しかし初ダウンを喫したオリバーの猛反撃を受けて、レビウスの脳裏に、かつてのおぞましい光景がフラッシュバック! それを払いのけんとして、狂気の拳を振り回すレビウスに対して審判から、思わぬコールが告げられる…!!? ※本作は横書き&左開きです。