あらすじ

不死者をめぐり、すべてが動き出す―― 戦争では常に不条理と非合理が起こりうる。死なぬと思われていた者が死に、死んだと思われていた者が生き。そこには正義も悪もなく、誰もが等しく悲劇に涙し奇跡を願う。己の存在する意味を探す不死者アンダーもまた、慈悲のない戦場に巻き込まれていく。彼の物語は今や彼だけのものでなく。そしてこの不死譚は正義の物語ではない。誰が生き、誰が死ぬのか。そしてアンダーが行く先に待ち受けるものは。『堕天作戦』第3巻。刮目せよ――