icon_reread
また読みたい
フォロー
囀る鳥は羽ばたかない(1)
ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長。本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる──。※本作に収録されている「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」は、「iHertZband.1」で配信した作品です。
囀る鳥は羽ばたかない(2)
真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると次第に百目鬼の矢代への想いも変化し、それを自覚していく。そんなとき、矢代が何者かに狙われる。
囀る鳥は羽ばたかない(3)
真誠会若頭の矢代は、男なら誰でもいい淫乱と噂される男だったが、部下には手を出さないと決めていた。けれど、付き人兼用心棒の百目鬼だけは例外だった。性的に不能で感情を見せない百目鬼の存在は、何をしても性的対象として見られることのない安心できる存在のはずだった。一方、何者かの銃弾に倒れた矢代を目にした百目鬼は、自分の矢代への想いがなんであるのか、はっきりと理解した。矢代のために変わることを決意した百目鬼と、そんな百目鬼に戸惑う矢代。ふたりの関係が変わり始めた──!?
囀る鳥は羽ばたかない(4) 【限定版小冊子付】
真誠会若頭の矢代は、男好きの淫乱と噂されているが、部下とは関係を持たないと決めていた。しかし、矢代の命が狙われる抗争のなか、付き人兼用心棒の百目鬼との関係が、大きく変わりつつあった。自分の気持ちを自覚し、矢代を守ることを決意した百目鬼。守られる立場から、守る立場にーー。欲望を向けられることのない存在であったはずの百目鬼に、矢代は別の感情を持つようになる。そんなとき、矢代はある事実に気づき…… 【限定版小冊子「遠火」を巻末に収録配信!!】
囀る鳥は羽ばたかない(5)
抗争の最中、真誠会若頭の矢代は百目鬼の部屋で向かい合っていた。百目鬼への想いから目を逸らしていた矢代。矢代を守りたいと思っていた百目鬼。ふたりは互いに強く意識しつつも、これまで一線を越えないよう気持ちを堰き止めていた。けれど、追いつめられた百目鬼が矢代に気持ちを告げたとき、それまで保っていたバランスが崩れてしまう。自分に大事なものができてしまう、失ってはいけないものができる──矢代が選んだ道は……!? ※こちらの商品は2017/12/22~2018/01/31の期間配信していた『囀る鳥は羽ばたかない (5)【期間限定特典ペーパー付】』と、特典以外は同じ電子書籍となります。重複購入にご注意ください。
囀る鳥は羽ばたかない(6)
これまで守り通してきた一線を、ついに越えてしまった矢代と百目鬼。百目鬼は矢代がかけがえのない存在であることを、矢代は百目鬼への感情の正体と、自らをかたちづくる矛盾の正体に直面する。大切だから、離れない。大切だから、手離す。平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、ひとりでけりをつけようとする矢代だったが……命をかけた抗争の行方は? 矢代と百目鬼の関係は? 怒濤の新展開!!
囀る鳥は羽ばたかない 7【特典ペーパー付き】
平田との抗争終結から四年。矢代は組を離れ、闇カジノの金主として稼いでいる。カジノには時折、三角が訪れ、そろそろ真誠会に戻るようせっつかれていた。一方、矢代から捨てられた百目鬼は、真誠会と良好な関係を結ぶ三和会系桜一家の組長・綱川の下でヤクザになっていた。四年間、一度も会うことのなかった矢代と百目鬼。けれど、ある事件をきっかけに再会して!?止まっていた時間がついに動きだす!!【協力書店様共通の特典ペーパー(1P)を巻末に収録配信!!】