icon_reread
また読みたい
フォロー
あたし、ひとり。
子供のころから孤独だった梓歩。突然家へ転がり込んできた美奈子との同居をきっかけに、人を信じること、愛することを知る。そして、上司の智也とのはじめての恋――。幸せを感じたのも束の間、思いもよらぬ苦難が彼女を待っていた。