迷宮は香る
調香師になるため上京した紫怨には、会ったことがない実の姉がいた。亡くなった父、そして姉もまた香料関係の仕事をしていると知った紫怨は、調香師が自分の天職ではないかと感じていた。しかし、働きはじめてすぐ、姉の自殺を知らされる。姉が残したオーデコロン“熾天使”には秘密が――!?