icon_reread
また読みたい
フォロー
銀のキメイラ(1)
北海道からの転校生・海神リュウを見たクラス全員がその圧倒的な美貌に息をのんだ。だが、SF研の超能力少女と呼ばれる陽子は、なぜかリュウに違和感を覚える。そんなある日、不良に絡まれた陽子を庇い傷を負ったリュウは、銀色の血を流す。怯えないでくれとリュウに抱きしめられた時、彼の記憶が鮮烈なイメージとなって陽子の中に流れこんできて…!?
銀のキメイラ(2)
銀河系外宇宙からの惑星調査船が、未知の伝染性病原体によって船内汚染された悲劇…。乗船したいた者たちは、まだ病原体に感染していない5人の子供を、青い星・地球へと脱出させた。だが、計算ミスから落下地点がバラバラとなり、子供たちは離れ離れとなってしまった…。そして、その子供の一人である海神リュウは、同じ銀の血を持つ仲間を捜すため、3年前、陽子のもとから旅立つ。だが、陽子のイトコの結婚式を機に、二人の運命の歯車は再び廻り始める――
銀のキメイラ(3)
未知の病原体に汚染されてしまった宇宙船から、故郷の星とよく似ている青い星・地球へと脱出してきた5人の子供たち。――9年後、5人の子供の内二人が、数奇な運命の下、アメリカにいた。ニューヨークを支配するマフィアの若き実力者・ダグラスに助けられた銀の血を持つシルバーは、ダグラス専属の殺し屋に。そしてもう一人は、ロック界のニューヒーロー・リックとなり、世界的に人気を博していた。そんな二人が出逢った時、彼らの運命はまた、大きく変わっていく…。
銀のキメイラ(4)
宇宙船から地球に脱出したが、バラバラになっていしまった銀の血を持つ5人。その秘密を探ろうとする島崎博士は、再びリュウを拉致する。陽子の後輩で島崎博士の孫・風間は、陽子のためにリュウを助け出す。だが、ランバート財閥の総帥・アリが、リュウとヒカルの銀の血に目をつけて…!?
銀のキメイラ(5)
ニューヨークの暗黒の街で殺し屋として生きる銀の血を持つシルバーは、新しい人生を生きるため、殺し屋としての過去を葬り去り、ロスで生きる決心をする。だが、ニューヨークのマフィアの実力者で、かつてシルバーを一流の殺し屋に育て上げ、利用していたダグラスは、シルバーの恋人・サニーを誘拐し、彼に殺し屋の仕事に戻るよう強要する。そして、監禁されてもなお抵抗を続けるサニーは――
銀のキメイラ(6)
シルバーを再び殺し屋として利用するため、シルバーの恋人・サニーを誘拐したマフィアの実力者・ダグラスは、部下に命じてサニーを殺させる。それを知ったシルバーは仇を討つため、ダグラスを射殺した…。だが、サニーの死体を抱きしめるシルバーを目撃した男の証言で、シルバーはサニー殺しの容疑者として警察に追われることになってしまう。そして、サニーの兄で刑事でもあるカイルは、真偽を確かめるためシルバーと接触するのだが…。
銀のキメイラ(7)
都内で女性が猛獣に食い殺されるという事件が起き、リュウと共に日本にやって来たシルバーも事件に巻き込まれるが、なんとか猛獣を退治する。しかしその猛獣とは、リュウたちの母星に住むといわれる異形の生物だった…。そんな事件があったからか、陽子はその時から、何かが起こるのではと、言い知れぬ予感を感じていた。そんな時、陽子は友人と行ったコンパの店で、目をみはる美人を見かけ、彼女からリュウやシルバーたちと共通する雰囲気を感じとる。一体彼女は何者なのか…。そして、ついにリュウたちの同胞が…!?リュウと陽子の愛の深さに感動する最終巻!!