reread
また読みたい
フォロー
まぼろしにふれてよ(1)
神社の子のひとこは、ある日狸の里に迷い込み、化狸の長が腹に納めていた「欲魂(よくだま)」を逃がしてしまう。欲魂がモノにつきツクモとなると、世の中が乱れる。狸の不思議パワーをもらったひとこは、クラスメイトのくろ&生徒会長の真加村(まかむら)と一緒に、意気揚々と欲魂回収に乗り出すけれど……?ギド節全開の傑作読み切り「夕暮れを少しわけてあげる」も収録。ギド式☆和風学園ファンタジー!!
まぼろしにふれてよ(2)
“欲魂(よくだま)”回収をつづけるうち、道具にも想いがあることを知ったひとこは、道具の願いを覚えていようと思い始める。そんなひとこが初めて心を通わせたお布団のツクモ。彼女が去り際に残した「テンコウセイに気をつけて」という言葉が気になっていたある日、クラスに転校生がやってきて………!?ひとこも知らないひとこの過去の扉が開き始める、ギド式学園和風ファンタジー第2弾!!
まぼろしにふれてよ(3)
狸筆(りっぴ)の正体は、幼いひとこを庇ってくれた狸だった。どうしてモノってこんなにけなげなんだろうね……。初めて過去と向き合ったひとこは、からかさ様に託された傘に名前を付け、心のままに愛してみようと決める。ところがその直後くろが消え、真加村も姿を消してしまう。ひとりになったひとこの前に現れた、テンコウセイの驚きの正体とは……!? ギド式和風学園ファンタジー、感動の完結!!