あらすじ

女と女、最後の決断。麻耶(まや)とみちる、彼女たちが同居を解消するまであと半年。かつて麻耶はみちるの元夫に会っていた──!? 麻耶はみちるを想っているが、ゆうたの将来を考え、再び“女同士の恋愛関係”となることを拒絶した。麻耶との同居はあと半年ほど。そんな折、亡父・圭一(けいいち)の実家を訪ねたみちるは、「こちらで暮らさないか」と持ちかけられる。望月(もちづき)からのプロポーズも相まって、みちるの心は揺れ迷う。しかしそんな母の傍らで、ゆうたは麻耶の不在に耐えられなくなり───? 心がひりつく同居生活グラフィティ、いよいよクライマックス!