あらすじ

翻訳家の麻耶(まや)の同居人は、シングルマザーのみちると、その息子のゆうた。かつての同棲関係を一度解消し、3人で暮らし始めて早1年。ある日、麻耶は信頼している元同級生・桑原(くわばら)に呼び出され、プロポーズされる。翌日、“何かあったか”を聞けないみちるは不安になり――。あたたかに胸を打つ、かけがえのない同居生活グラフィティ。