reread
また読みたい
フォロー
――自分の居場所がなくて家出したボク達は港を探してさまよっている船のよう――。いつのまにか寄り添い、旅をするようになった個性の全く違う4人の仲間、グレアム、アンジー、マックス、サーニン。親に見捨てられた子供達の早すぎる孤独は、彼らをこの世のはみだしっ子にしていた。傷ついた過去を癒してくれる誰かがきっとどこかにいるはず!愛を探すそれぞれの心が今、血の絆を超え固く結ばれる…。他界した不世出の作家、三原順の最高傑作!
グレアム達の乗ったバスが雪山で遭難。しかも、乗客には拳銃を保持したまま逃亡中の強盗がいた。救助を待ちながらもイラ立ちを隠せなくなる大人たち。怪我が悪化するグレアム。強盗犯について森へ入ったマックス。助けを求めに強行下山したサーニン。みんなを気づかうアンジー。過酷な状況のもと、乗客それぞれの心の傷が白い雪原の彼方に晒される。4人は生き残ることが出来るのか?「山の上に吹く風は」他、番外編6作収録。
雪山遭難以来、心の病に冒されていたグレアムがようやく回復し、アンジーとともに行方不明のマックスの消息を訪ねる。マックスは海辺の街の孤児院に拾われ、学校生活を送っていた。だが、大好きだったグレアムに拒まれたショックからまだ立ち直れず、その悲しみを、みなしごのバトゥの信頼を得ることで埋めようとしていた。そんな時、グレアムがかけた電話が偶然マックスにつながった――。「裏切者」他、番外編6作収録。
夏、サーニンは教会のキャンプで自閉症の少女マーシアと出会う。外界との接触を一切断ったままの彼女をクークーと名付け、淡い想いを寄せるサーニン。「ボクを独りにしないで」辛抱強く呼びかけるその声が、クークーの心に響きはじめた時、サーニン自身もまた救われる…。「カッコーの鳴く森」他、クレーマー夫妻に養子として引き取られた4人の新生活ぶりを描いた「クリスマスローズの咲く頃」等全11篇を収録。
借金返済のため、マックスは友達みんなとクレーマー家のガラス拭きのバイトをすることになった。だが、乱暴者リッチーの荒っぽい裏工作のせいで、全員がマックスから離れてしまう。そして、今度はボスのマックスにリッチーから呼び出しがかかった。縄張り争いの大乱闘…!アンジーたちもすぐ応援にかけつけた。激しいもみ合いの結果、グレアムが深手を負ってしまう…。
グレアムの孤立を一層深めた雪山事件。その憂鬱な4年間を清算しようと、彼は二度とクレーマー家に戻らぬつもりで、かつての被害者の義妹フェル・ブラウンに会いに行く。からっぽの部屋にアンジーへあてた封筒を残して…。――グレアムが死んでしまう…!?手紙から漂う暗い予感が、アンジーの胸を鋭くつき刺す。少年たちの孤独な魂はどこかへ帰り着くことを許されないまま終わるのか?読み継がれる名作の堂々完結篇!