また読みたい
フォロー
速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!
弟がつくったタイムマシンでうっかり戦国時代に来てしまったぐうたら女子高生の唯は美形の若君、忠清に出会い恋に落ちる。のちに忠清が戦死することを知った唯は男装して足軽となり若君を守ることを決意。しかしはじめての戦は大変なことに──!?
得意のかけっこで天野家の足軽となった唯は圧倒的な戦力の差が開く高山軍との戦を前に若君を救うため再び現代へ。弟の尊に助けを求め21世紀の知恵で戦に勝とうとする。そんな折、若君はとうとう唯の正体を──!?
兄の陰謀で深傷を負った若君を唯は自分の代わりに現代に送る。唯からの手紙で事情を知った現代に生きる弟・尊は若君を病院へ。唯の家に居候しながら21世紀の世界で若君が見たものは?一方、戦国時代に残された唯はおたずね者となり──!?
若君が、現代から戦国時代に生還する。今まで以上に若君は唯に優しく、2人きりで馬の遠乗りにも誘われもしかしたら両思いの予感…!? ところが側室・鐘ケ江の姫のところにも行くという若君。唯は若君の気持ちがわからず、思わず本音をぶつけてしまい──!?
現代に戻り、二度と若君に会えないと知った唯は絶望。しかし、歴史の先生が手に入れた史料から、若君に新たな縁組の話があるとわかり、絶対に戦国時代に戻ると決意!! 唯は、もう一度タイムマシンを使えるようにして欲しいと尊に泣きつくが…!? 一方、若君の元に、松丸家の美しい姫君・阿湖がやってきて…。
阿湖姫の身代わりに、羽木家と敵対する高山の者にさらわれた唯。しかも嫡男の高山宗熊に気に入られてしまう。若君は、阿湖姫の兄と偽って、唯を助けに高山の城に向かうが…。そして、様々な危険に見舞われながら、唯と若君の仲がさらに深まる注目の第7巻!