icon_reread
また読みたい
フォロー
王家の紋章(1)
3000年の時空を超え、愛を誓い合ったメンフィスとキャロル、二人の行く手には数々の苦難が!! 読み切り作品「麗しのメリーさん」を併録。
王家の紋章(2)
古代エジプトに流されてしまった現代の学生・キャロル。金髪碧眼を珍しがるファラオ・メンフィスに捕らえられてしまい…!? 読み切り作品「めぐりあい」を併録。
王家の紋章(3)
アイシスによってナイルに突き落とされたキャロルは、アイシスが導いたわけではないのにまた古代へと流されてしまった。喜んで迎えるメンフィスだったが、やはりキャロルはその手を拒む。怒ったメンフィスは……!?
王家の紋章(4)
キャロルがヒッタイトに連れ去られたと知ったメンフィスは激昂。キャロルを奪還すべく戦の準備を始めるが…!?
王家の紋章(5)
メンフィスに助けられたキャロルは、メンフィスの愛を受け入れ、古代エジプトで生きて行く決意をした。結婚する2人を許せぬ女王アイシスは、ついに弟・メンフィスに訣別を言い渡すが…!?
王家の紋章(6)
キャロルとメンフィスの婚儀をなんとしても阻止したい女王アイシスは、宿敵ヒッタイトのイズミル王子に「兵を借りたい」と取り引きを申し出る。愛を貫くためなら内乱さえためらわないアイシスに、イズミル王子は…!?
王家の紋章(7)
メンフィスとキャロルの婚儀の、最後の儀式はライオン狩り。しかし、アイシスの侍女・アリによって薬を仕込まれたライオンが猛り狂って2人に襲いかかる。メンフィスを助けようとしたキャロルは鋭い爪で膚を裂かれ、踏みつけられ、そして…!?
王家の紋章(8)
キャロルが現代に帰ったことなど知るはずもないメンフィスは、「母なるナイルのもとで傷を治している」というジャマリの嘘を信じ込み、その帰りを待ちわびていた。己の才気と美貌でメンフィスを籠絡しようと企むジャマリ。女王アイシスさえも退けた彼女を止められる者は誰もいなくなり…!?
王家の紋章(9)
行方不明となったキャロルを捜す手掛かりが得られず、王宮で苛立つメンフィス。そんなさなか、アッシリアの使者が現れ、メンフィスをアッシリアへ招待したいと言い出したが…!?
王家の紋章(10)
アッシリア王宮にキャロルが捕らえられているものと思い込んでいるメンフィスを、アッシリア王・アルゴンが挑発する。しかし、その頃キャロルはイズミル王子の追手から逃れている最中で…!?